衝撃的すぎる!銭形警部はアニメ版と原作では全くの別人だった!



お気に入り


『ルパン三世』において、主人公ルパンを追い続ける銭形警部。

ルパンからも「とっつぁんがいないと張り合いがない」と言われるほどの彼は、実は原作とアニメではその描かれ方が大きく異なります。

今回は、それぞれの描かれ方の違いを解説していきます。




■アニメ版での銭形警部

アニメ版での銭形警部は、みなさんご存知のように陽気で明るいキャラクターです。

基本的にはルパンが仕掛けたトラップにまんまとはまったり、上司に煙たがられたりと優秀な刑事として描かれることはあまりなく、作品に登場するキャラクターの中でもっとも3枚目な役回りを担っているといえます。

ただ、時折見せる鋭い観察力や推理力、決断力などは特筆すべきで、やるときはやる頼れる存在としても魅力的なキャラクターとなっています。

特に情緒的な面が強調されていて、泣いたり笑ったり怒ったりと感情がわかりやすいため視聴者にとってはもっとも感情移入しやすいのかもしれません。

ルパンのこともただの犯罪者と見ているわけではなく、互いに熱い絆で結ばれています。

要するに、『ルパン三世』という作品には欠かすことのできない重要なキャラクターかつ、視聴者からも愛されるとても味のある役に仕上がっているといえるでしょう。




■原作での銭形警部

アニメ版しか観たことがないという人にとっては、原作での銭形警部の描かれ方はとても衝撃的です。

原作での銭形警部はあまり感情を表に出さないクールなキャラクターで、有能かつ精悍な顔つきの2枚目としての役回りとなっています。

またルパンのことを殺したいほど憎んでおり、幾度も爆弾などを使用しての殺害を試みています。

ルパンと銭形警部の間に信頼関係と呼べるようなものはなく、純粋な敵同士として描かれているのです。

そして原作のラストは、ルパンたちが銭形の仕掛けたトラップにはまりそのまま爆破されてしまうという内容となっています。




■おわりに

まさか、あの銭形警部が原作とここまで異なるキャラクターだったとは思わなかったでしょう。

ただ、アニメ版『ルパン三世』がこれを原作としていることは紛れもない事実ですから、『ルパン三世』が大好きだという方はぜひ原作の方も一度読んでみてはいかがでしょうか?
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】