実写版を見る前に!「るろうに剣心」登場人物の6つの裏設定!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


実写版が世界でも注目を集めた「るろうに剣心」。

京都編の実写化もされ注目を集めるアニメーションですが、そんな「るろうに剣心」の登場人物には隠された設定があるといわれています。

ぜひ実写版の「るろうに剣心」を見る前に、登場人物の裏設定をチェックしましょう。




■最強の剣豪は緋村剣心ではない!

一度刀を抜くと、最強の剣豪として戦う緋村剣心。

そんな緋村剣心の周囲には非常に強い剣豪達が登場しますが、作中で最強の剣豪は実は主人公の緋村剣心ではなく、彼の師匠である比古清十郎であると原作者の和月氏が公言しています。


■小柄なようで小柄じゃない?!

ジャンプの登場人物の中では、身長158㎝と小柄な主人公として知られる緋村剣心。

作中でもその小柄な点を頻繁に指摘されることがありますが、明治時代の成人男性の平均身長は158㎝といわれ、決して小柄だったわけではないのです。

まぁ、他のキャラクターがデカすぎる・・・という方が正しいのかもしれませんね。


■当初の最強の敵は雪代縁でも志々雄真実でもなかった!

連載が始まった当初は全30回の予定だった「るろうに剣心」。

そのため、最強の敵として雪代縁や志々雄真実の存在などは考えられておらず、鵜堂刃衛が最強の敵となる予定だったといわれています。




■スタッフの中での人気ヒロインは神谷薫ではなかった!

「るろうに剣心」のヒロインとして神谷薫が登場します。

明るく勝気な性格なヒロインとして人気投票でも上位に食い込むキャラクターですが、実はスタッフの間では人気のヒロインは神谷薫ではなく、高荷恵がダントツで一位だったようです。


■悠久山安慈のモデルは実在する!

スキンヘッドにバンダナ、目のクマといった特徴がある「悠久山安慈」ですが、実は彼にはモデルとなる人物がいます。

それが「アンジー」というバンドのボーカリストなのだとか。

既に解散してしまっているバンドではありますが、原作者である和月先生がファンだったようです。


■X-MENをモチーフとしたキャラクターがいる

侍スピリッツなどのキャラクターをモチーフにしている話は有名ですが、実は海外アニメX-MENをモチーフとしたキャラクターも存在します。

<鵜堂刃衛>
X-MENのガンビット

<赤松有人>
X-MENのオメガレッド

<佐渡島方治>
X-MENのフォージ

<鯨波兵庫>
X-MENのアポカリプス

<乙和瓢湖>
X-MENのシニスター




■おわりに

映画「るろうに剣心」を見る前にぜひ、雑学とアニメ版をチェックしてみましょう!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】