あの秘術と共通点!?東のエデンのキャラクターの裏設定!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


羽海野チカ氏によるキャラクターデザインが行なわれたことで注目を集めた「東のエデン」ですが、作中にはセレソンという12人の登場人物が登場します。

それぞれが世界を変えるために試行錯誤しますが、この12人のキャラクターの裏設定はカバラ数秘術からきているといわれています。




■No.1 物部 大樹

カバラ数秘術の1は「光の王」で、内面的にとてもプライドが高く大胆で自信家な面があります。

器用で何かしらの優れた能力を持っているので、結果的に様々な物事を乗り切ってしまうことが多いですね。

セレソンのNo.1に当たる人物は物部 大樹です。

第一話から赤い車に乗っている謎の男として登場しており、相当な自信家でありプライドが高い点において、カバラ数秘術の「光の王」の性格が裏設定になっているといえます。


■No.4 近藤 勇誠

カバラ数秘術の4は「本質を探る学者」で、研究熱心で一つのものをじっくりと極めようと努力します。

堅実な考えを持っているので、時として突如の変化に対応できないことがあるといわれています。

セレソンのNo.4にあたるのは生活安全課刑事、近藤勇誠になります。

警察の極秘内偵捜査などをしたこともありますが、急に大金が手に入り金銭感覚が麻痺してしまったあたりは、カバラ数秘術4と似ているのではないでしょうか。




■No.5 火浦 元

カバラ数秘術の5は好奇心が強く活動的な人で、柔軟な発想力と幅広い知識を持っており、その知識を活かした分野に進めば自分の本乙の価値を見付けることができるといわれています。

セレソンのNo.5は脳神経外科医で、高齢者医療改善と雇用促進という柔軟な発想力と知識を活かして自分の理想である世界を作り出した人物でもあります。

ここでもやはりカバラ数秘術の設定が活かされていますね。


■No.11 白鳥・D・黒羽

カバラ数秘術の11は繊細な感性の持ち主であり、理想主義者です。非常に優れたセンスに恵まれる人が多く芸術面だけでなく、様々な分野で活躍することが多いですね。

セレソンのNo11は妖艶な美女、白鳥・D・黒羽。

美しい見た目を活かし、自分がモデルを勤めるだけでなくモデル会社の社長として働いているという点においても、多才なカバラ数秘術の11が当てはまるのではないでしょうか。




■おわりに

人にはそれぞれカバラ数秘術で割り当てられる数があります。

ぜひ一度占ってみて、自分がセレソンの誰に対応するのかチェックしてみるのも面白いかもしれませんね。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】