懐かしいアニメソング!の知られざる真実とは?



お気に入り


懐かしいアニメを連想する時、作品の内容よりもアニメの主題歌やオープニングのメロディーを思い出される方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなアニソンに関する知られざる真実をご紹介します。




■ルパン三世の歌詞を一般公募したことがある

TV第2シリーズの視聴率がよかったことを受け、ルパン三世のテーマソングを作ることになりました。その際、歌詞を一般公募したといわれています。

結局まともな歌詞が集まらなかったことから、作詞と補作が鴇田一枝氏によって行われ、現在のようなテーマソングになったといわれています。

やはり、名作の歌詞は素人が作るのには、難しすぎたのかもしれませんね。


■大物歌手もアニソンを歌う<その1>

プリンが好きな主人公、おじゃる丸を主人公としたアニメ「おじゃる丸」のオープニング「夢人」は、演歌界の大御所北島三郎さんが熱唱されています。

平安の雰囲気とマッタリとした作品の雰囲気が感じられるオープニングになっています。

アニソンであるのにも関わらず手を抜かなかったという点においては、さすがサブちゃん!といったところでしょう。




■大物歌手もアニソンを歌う<その2>

「いなかっぺ大将」の主題歌も、やはり大御所歌手である天童よしみさんが熱演されています。

ただ、天童よしみの名前ではなく吉田よしみの名前で歌っています。

現在と変わらぬ魅力的な歌声が魅力的ですね。


■歌詞を一文字も変えられなかった銀河鉄道999

映画版「銀河鉄道999」の主題歌というと、ゴダイゴの「銀河鉄道999」を思い出される方も多いでしょう。

そんな主題歌をゴダイゴが担当するということが決まった時、「歌詞を一語一句変えないで!」と言われて、ゴダイゴが曲を付けられたといわれています。

一語一句変えずに名曲を作ったのは、さすがゴダイゴですね!




■おわりに

懐かしいアニソンも、豆知識と共に聞くとさらに名曲として聴くことができるのではないでしょうか。

ぜひこれらを参考に、懐かしいアニソンを聞き直してみてください。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】