今明かされるトトロ語!作中の名シーンでトトロが言っていたこととは?



お気に入り


ジブリを代表する作品「となりのトトロ」では、大きな森の精トトロが登場します。

様々なグッズなども販売されており、ジブリの作品の中でも印象的なキャラクターとして知られています。

ところがトトロは、作中では「ガーーー」と叫んだりすることはあっても人間の言葉をしゃべることはありません。

今回はそんなトトロ語を解説し、トトロが何を言っていたかをご紹介します。




■トトロとメイが初めて会うシーン

小さなトトロ達を追いかけたメイは、トトロ達の棲み処へ辿り着きます。

そこには昼寝をしている大きなトトロがおり、そんなトトロの上にメイが乗るシーンは、となりのトトロの中でも印象的なシーンです。

そんなトトロとメイが初めて会うシーンでメイはトトロに「あなたはだあれ?マックロクロスケ?」と問いかけます。

そんなメイの言葉に対してトトロは「ドゥオ ドゥオ ヴォロロロロロ!!!」と叫びます。

実はこれは「トトロ」と自己紹介したわけではなく「眠いよ~~」と言っていたと、絵コンテに書かれているんだそうです。

確かにその後も小さな声で「ドゥオドゥオヴォロ・・・」と言っており、「眠いって~~」というような感じで、ウトウト眠りについていたのかもしれません。

確かに、寝起きに鼻を触られたら叫びたくもなりますよね。




■サツキが泣きだすシーンでは

メイが迷子になってしまい、途方に暮れたサツキはトトロに相談しに森へ訪れます。

「トトロどうしよう!」と相談するうちに、サツキは今までの不安から泣き出してしまいます。

そんなサツキにたいしてトトロは、サツキを抱き上げて「大丈夫だよ」といわんばかりに大きく叫ぶシーンが登場します。

実際にトトロ語を絵コンテでチェックしてみると、ここでトトロは「かわいい~」と叫んでいたのです。

確かにトトロの顔を見てみると頬がポッと赤くなっており、サツキの可愛さにホッコリときていることが分かりますね。




■おわりに

トトロ語を踏まえて再び作品を見てみると、より作品を深く理解することができます。

ぜひこれらを参考に、名作「となりのトトロ」を再チェックしてみてください。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】