あまりの臭さに爆発物処理班が出動!?世界一臭い食品『シュールストレミング』の数々の逸話!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


世の中には臭いけど美味しいとされる食品が結構あります。日本の食品では納豆やくさや、海外のものとしては果物のドリアンや、台湾の臭豆腐などが知られていますね。

中でも、世界一臭い食品として有名なのがスウェーデンの『シュールストレミング』。その名前くらいは聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

一体シュールストレミングってどんな食品なのでしょうか? そして、その”臭さ”は一体どれくらいのものなのか・・・ちょっと調べてみました。




■臭さは日本のくさやのおよそ6倍

http://atnd.org/event_images/0000/8339/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0_original.jpg

シュールストレミングは主にスウェーデンで生産されているニシンの缶詰です。

基本的に、缶詰というものは中身を加熱殺菌し長期保存するために作られるものですが、このシュールストレミングは春先にとれた良質のニシンを塩で漬け込んだものを殺菌処理せずに缶に封入して作ります。

殺菌されていないことから缶の中で醗酵が進み、生産された年の8月頃に食べ頃となるそうです。

当然、長期間の保存には向きませんし、発酵ガスが缶内に充満するため、缶が膨れ上がるのも特徴です。

http://3.bp.blogspot.com/-DpC_vX2soJg/Ud1opwgbIxI/AAAAAAAAAjY/I26BAnJX6as/s1600/2006123001.jpg

その強烈な臭気は、生ごみを直射日光に数日当てたような臭いとも言われ、臭気指数計で計測すると、くさやのおよそ6倍の数値を示します。

2014年2月、ノルウェーの漁師小屋で25年間放置されたシュールストレミングの缶詰が発見され、爆発物処理班が出動する騒ぎが起こりました。

25年もの間醗酵の進んだシュールストレミングは、中身が完全に液状化しており、とても食用に耐えるものではなくなっていたとのことです。


■犬を完全に怯えさせる強烈な臭い

2014年、Twitterに投稿された一枚の写真が話題となりました。

投稿者は近くの海岸でシュールストレミングを食べようと開缶したそうです。その時運悪く偶然通りかかった犬の写真がこちら。

https://twitter.com/yamasemi_0w0/statuses/458082212705886208

波打ち際で尻込みし、尻尾を完全に股の間に挟んで怯えてしまってます。

犬は縄張りを主張するために小便の臭いを利用しますが(マーキング)、この臭いの強さで相手の実力を判断するとも言われています。

もしかすると、シュールストレミングのあまりの臭気に、得体のしれない化け物がいると勘違いしたのかもしれませんね。




■ガス漏れと勘違いされて、消防隊が出動

ストックホルムのとある雑居ビルの住人から、階段の吹き抜けで酷いガスのような臭いがすると消防署に緊急通報が入りました。

ガス漏れが起きていた場合、最悪の事態に備えて住人を避難させる必要もあることから、警察と消防隊が緊急出動、臭いの発生源を探してビルの中を捜索しました。

その結果、臭いの元はガス漏れでもなんでもなく、シュールストレミングの臭気であったことが判明したということです。

通報した住人は、どうやらシュールストレミングの臭いがどんなものかまったく知らなかったようです。


■缶詰工場で火災、ついには爆発まで。

https://pbs.twimg.com/media/Bmqsw_lCAAIfdLx.jpg:large?.jpg

固い缶をあのように膨らませてしまうガスですから、それが引火性のものなら大変ですが、実際にシュールストレミングの工場で火災が発生、最終的には爆発を起こすという事件も起こっているようです。

出火当時工場にいた従業員4人は幸い無事だったそうですが、火災は1年間醗酵の進んだシュールストレミング1000個に引火、6時間後に大爆発を起こし、工場は跡形もなく吹き飛んでしまったそうです。




■おわりに

シュールストレミング恐るべし・・・。

皆さんはこんな食品、食べてみたいと思いますか?
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】