サバ読みすぎ!!約20歳サバ読みして10代と詐称し逮捕された2人の女性



お気に入り


色々な理由はありますが、年齢を偽って語る人は決して少なくありません。

もっとも、普通はどんなにサバを読んでもせいぜい2、3歳というところですが、なんとアメリカでは19歳もサバを読んで逮捕された女性がいました。




■身分詐称で高校入学した女

アメリカ・テキサス州のロングビュー裁判所が身分詐称の罪で懲役85日の実刑判決を言い渡したのは、34歳の女性、チャリティ・ジョンソンです。

ジョンソン被告は2013年10月、同州のニュー・ライフ・クリスチャン・ハイスクールに入学、この時身分証明書には15歳と記載されていました。

しかし、彼女がとても15歳に見えなかったことから疑いを抱いた下宿先の大家が通報、2014年5月13日に逮捕されるに至りました。

下の画像が、チャリティ・ジョンソン被告の写真です。

http://i1.huffpost.com/gen/1846232/thumbs/n-CHARITY-JOHNSON-large.jpg

いかがですか?とても15歳というのには、無理があるような気がしますが・・・。

しかし、上には上がいるものです。

2008年、ノルウェーで行方不明になった13歳の少年が、実は33歳のチェコ人女性であったと判明したという、なんともややこしくて理解できない事件が発生していました。




■20歳年齢をサバ読みして国外逃亡した女

2008年1月、ノルウェーのオスロにある養護施設から失踪して全土にわたって捜索されていた13歳のチェコ人の少年が、実は33歳の女性であったことが判明しました。

女性の名前はBarbora Skrlovaと言い、ノルウェーに在住しているチェコ人女性が自分の息子の『アダム』だとして、オスロにある養護施設に入校させていたものです。

学校に入学したBarboraは頭を丸刈りにし、胸を縛って体格をごまかし13歳の少年として生活していましたが、入校から4ヶ月後に失踪、全土で捜索が行われた結果、ノルウェー北部の都市トロムソで発見され身柄を拘束されました。

実はこのBarbora Skrlovaはこの前年、チェコで起きた幼児虐待事件にも関係し、供述を拒んでデンマークへ逃亡、その際にも年齢を13歳の少女と偽っていた前歴がありました。

(画像URL)

http://gfx.dagbladet.no/pub/artikkel/5/52/523/523543/court_011008cX1X_1200034631_1200034646.jpg

(警察へ連行されたBarbora Skrlova)

Barbora Skrlovaの父親は、肉体的苦行を課す新興宗教団体『グレイル・ファウンデーション』から分派した派閥の指導者であり、彼女の母親や幼児虐待事件を起こした女性もその団体の信者でした。

Barbora Skrlovaは、その一派にあって『女神』となるべき存在と見なされていたということです。




■おわりに

どうしてそこまでして年齢を偽らなければならなかったのでしょう・・・。

2つとも不可解な事件ですね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】