なんだこりゃ!?迷惑メールもここまで進化した?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


迷惑メールに貼られたリンクに飛ぶと、ロクなことはないのです。

妙なところに登録されたり・・・と言うのがメインですが、最近は「オモシロ」と言う手を使うパターンも増えているそうです。




■素晴らしい脚本

今までの迷惑メールは「アダルト♪」な誘惑、「限定○名様、選ばれたあなたに、時間がありません」と、クローズ感を煽るものが主流でした。

しかし最近は、結構「作りこみ脚本」系も多いのです。


<パターン1>

実は我が家は代々続く名家なのですが、相続税が払えそうもないのです。

しかしここだけの話、実はとあるところに埋蔵品があることが解っており、しかし発掘費用がなく

・・・というパターン。いきなりセレブは割とあるようですね。


<パターン2>

次にお涙頂戴系です。

「うちの松子(仮名)の手術費用がなく」

このあたりまでならまあ普通ですが

「完治のあかつきには、嫁に差し上げます」詳しくはこちらのURLまで⇒URL

・・・と、押したくなるURLを狙ってきていますね。




■最新迷惑メール

このように昼ドラ系が多いメールの中、最近来るという噂なのは「softbankより、VIP様へ、孫について」のメール。

「VIPのあなたに孫に付いてのお話があります」以下のURLをクリック!・・・というもので、この結果をわざわざ確かめた人がいるのです。

その結果は、「このたび孫が家族割引を契約してくれたおかげで、私にも携帯が使えるようになりました。」・・・だとか。

「そん」ではなくく、まさかの「まご」オチです。

クリックしないと気づかないという点も斬新ですね。




■おわりに

固定電話でお年寄りに「振り込め詐欺電話」がかかる一方、ネットの世界では「オモシロ」迷惑メールでサイト誘導する方法が流行っているようです。

「まご」オチなどが出てくると更にクリックして見たくなりますが、そのようなメールが来ても、脳が文章を理解しないうちに消しましょうね。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】