コミュ症過ぎる!?コンビニ強盗のとった行動が間抜けすぎる件



不景気の影響もあって、なかなか減らないコンビニ強盗。

定期的に間抜けな強盗や、力技の強盗などの変なキャラクターが出てきますが、この度、かなり新しいタイプが出て来ました。




■強いんだか、弱いんだか

それは、夏の九州某所のコンビニでのこと。

刃物を持ったコンビニに男が乱入し、「金を出せ!」・・・とは言わず、「俺は強盗だ・・・以下おそらく脅し文句」が書かれたスマホを見せたそうです。

しかし残念なことに店番は70代の女性。

「老眼で見えんけん・・・」と言われ、仕方なく刃物で「金を出せ」と要求。「ないんです」と女性が返事をすると、そのまま去っていったようです。

ええと・・・スマホは何のためだったのでしょうね。

そして、断られると立ち去る潔さ。とても気が弱いのか、刃物の準備が精一杯だったのかもしれませんね。




■余計に怖いこと

しかしこの話、店番の証言の方が謎です。

コンビニなので防犯カメラはあると思いますが、「画面を店員に見せただけ」。

そして刃物は死角になっていた場合、「犯罪である」とも言い切れなかったりするのではないか・・・と思うのですよ。

もしかして「ここに包丁はないの?」とか書かれていたりして。そして「こう言うタイプの!型番の!!」だったりして!

また、あまりにも店番の女性が暇すぎて妄想を見てしまったとか、あらゆる可能性が考えられるのです。

ある意味深い・・・かもしれませんね。




■おわりに

ちなみに、強盗は身長170cm程度の男性。警察が行方を追っているそうですが、警察も大変ですね・・・。

この強盗がもし実在したら、一般的な刑罰ではなく「コミュ力講座」を受けさせてあげて欲しいものですね。