知らないことだらけ!ドラえもんの『ひみつ道具』の秘密



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


「ドラえもん」がいつもポケットから出すひみつ道具は、みんなも欲しいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ドラえもんはのび太が困っていると、すぐにポケットから状況に合った道具を取り出して解決してくれます。

本当にうらやましい限りです。

なにしろ、ひみつ道具は未来の道具ですから、なんでも叶えてくれます。

そんなひみつ道具とドラえもんの関係について、少し考察してみましょう。




■四次元ポケットの仕組みと、ひみつ道具のひみつ

なんでも出てくる四次元ポケットですが、どんな仕組みになっているのか皆さんはご存知ですか?

ポケットの中は四次元空間に繋がっていて、無限に物を収納する事が出来ます。たとえどんな大きな物だって大丈夫です。

ポケットの口の部分には「イメージ検索機能」が内蔵されていて、どんな道具か頭でイメージしながらポケットに手を入れると、内臓コンピューターがそのイメージに合った道具を選び出してくれるのです。

だからドラえもんはすぐに道具を取り出すことが出来るのです。

ドラえもんのポケットの中にはたくさんのひみつ道具が収納されている訳ですが、あれって実は無料ではないって知っていましたか?

ドラえもんは、未来でひみつ道具を買ってポケットに収納しているのです。

しかし、値段の高い物は買えないのでレンタルで借りてきており、ドラえもんの道具の2/3はレンタルなのだそうです。

ちなみに、ひみつ道具の値段は以下の通りです。

<タケコプター>
15,000円

<もしもボックス>
62万円

<どこでもドア>
64万円

<タイムマシン>
120万円

どこでもドアが64万円で買えるなら、車を買うよりも便利なので欲しいと思ってしまうのは筆者だけでしょうか。

レンタル代がいくらぐらいなのかは分かりませんが、ずっと安いのは間違いないでしょう。




■資金源はどこ?

買い取りにしてもレンタルにしても、少なからずひみつ道具を手に入れるにはお金が掛かります。

たまにひみつ道具を壊してしまう事もあるから、そういう時はやはりレンタルも買い取りになりますよね。

さて、そのお金って誰が出しているのでしょうか?

ドラえもんが個人でと言うのは考えにくいですよね。

ドラえもんをのび太の元に送ったセワシくんということになるのでしょうか?

でもちょっと待ってください。

そもそもドラえもんは、のび太の子孫である未来にいるセワシくんの家の子守ロボットでした。

のび太が大人になって作った会社が倒産して出来た借金の所為で、代々貧乏に苦しめられており、そんな未来を変えるためにのび太の元に送られたはずです。

つまりセワシ君の家は貧乏なので、そんなにたくさんのひみつ道具を買ったりレンタルしたりするお金は無いはずです。

じゃあ一体誰が?

・・・謎ですね。




■おわりに

資金源がどこなのかとても気になりますが、調べても答えは出てきませんでした。

タイムマシンのレンタル代がいくらなのかもとても気になりますよね。ぜひレンタルしてみたいです。

でもやっぱり一番欲しいのは、どこでもドアでしょうか・・・。

みなさんが一番欲しい道具はどれですか?
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】