意外?意外じゃない?サザエさんは大人な事情で設定が変わる件



お気に入り


毎週日曜日に放送されるほのぼのとしたエピソードが特徴的な「サザエさん」ですが、登場人物の年齢はコナンのように延々と変わりません。

設定も、隣人の息子はずっと浪人生ですし、カツオ達は何十年経とうと小学生です。

しかし実は、意外にも大人な事情で設定が変わることがあります。

今回は、そんな意外な設定変更をご紹介します。




■家具家電が進化する

サザエさんのスポンサーは「東芝」です。

そのため、アニメの前後には東芝の家電のCMを目にすることが多いことは、皆さんもご存知かと思います。

そんなサザエさんの作中で昔ながらの家電を使っていては、新しい家電を買おうと思う人は少なくなるでしょう。

そのため、少しずつですがサザエさんの自宅の家電は最新のものに進化しています。何時の日か、茶の間にあるテレビも薄型テレビになるに違いありません。


■利権が絡むオープニング

サザエさんのオープニングでは、様々な観光地をサザエさんが訪れます。

ただ、放送されている観光地があまりなじみのない場所もあり「こんな場所あるんだ・・・」と感心させられたことはないでしょうか。

これに関して「裏でお金のやりとりがあるのではないか」という都市伝説が囁かれています。

サザエさんでその観光地が紹介されると、その前後のシーズンは観光客の数が増えるらしく、制作サイドにお金を払っているのではないかといわれています。




■サザエさんの部屋にティッシュがない

元々、サザエさんとマスオさんの部屋にはティッシュが置いてあったのですが、それを見た視聴者から「卑猥な事を連想させる」と苦情が殺到したそうです。

その結果、現在はティッシュは置かれていないようです。


■幻のエンディング

サザエさんのエンディングとして定着しているのが、「じゃんけん」シーンです。

ところが、このじゃんけんの放送が始まったのは平成3年からといわれており、それ以前はサザエさんがお菓子を投げ食べるという、投げ食いのシーンが放送されていました。

そんなシーンを見た東北大学の教授から「危険だ」という指摘があり、現在のようなじゃんけんのエンディングに変わったのだそうです。




■おわりに

サザエさんも大人の事情で設定が変わることに、驚かれた方も多いのではないでしょうか?
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】