モヤモヤの原因!美少女戦士セーラームーンの意外な都市伝説!



お気に入り


セーラー服姿の美少女達が戦うアニメ「美少女戦士セーラームーン」は、女の子を中心に人気を集めたアニメです。

現在もリメイク版が放送されたり、グッズが販売されたり、その人気はとどまることを知りません。

今回は、そんなセーラームーンに関する都市伝説をご紹介します。




■シーズン1のエンディングは無理やり作られた物

初代のセーラームーンのエンディングは、数々の敵を前に倒れていく仲間の屍を乗り越えてセーラームーンが、黒幕となる敵と戦います。

そんな敵と戦う時、戦いで死んでいったキャラクター達がセーラームーンに自分達の力を与えます。その力のおかげで、セーラームーンは敵を倒すことができました。

ところが、

「このエンディングでは悲しすぎる」
「子供がみたらショックで、ひきこもるかもしれない」

と言われ、急きょ全員が生き返るという矛盾に満ちたエンディングになったのです。

感動的なエンディングだったのに、最後に全員が生き返り「あれ?」と思った記憶がある方も少なくないはずです。




■セーラービーナスがセーラームーンとキャラかぶりしている理由

セーラー戦士たちはそれぞれ特徴的な見た目をしています。

ところが、セーラービーナスとセーラームーンは非常にキャラクターが似ているのが特徴です。

各セーラー戦士の特徴は以下の通り。


<セーラーマーキュリー>
水色の髪、ショートカット、頭脳明晰、天才少女

<セーラーマーズ>
黒の髪、ロングヘア、勝気な性格、霊感少女

<セーラージュピター>
茶髪、ポニーテール、緑、怪力

<セーラービーナス>
金髪、ロングヘア、ドジっ子、白ネコがいる

<セーラームーン>
金髪、お団子ロングヘア、ドジっ子、黒ネコがいる


実は、これはセーラービーナスがセーラームーンの没案だったため、二人はキャラかぶりをしているといわれています。




■おわりに

ミュージカルやWebアニメなども公開されており、今熱いのがセーラームーンです。

今回の都市伝説を踏まえて、ぜひもう一度セーラームーンの世界を楽しんでみてください。
 

お気に入り


あわせて読みたい