著作権的に大丈夫?削除されないゲーム実況動画の秘密



お気に入り


若者の間で人気のニコニコ動画。

歌ってみたや踊ってみた、ボーカロイドなどの不動の人気ジャンルに加えて活発なジャンルが「ゲーム実況」です。

しかし、そんなことをして大丈夫なんでしょうか?著作権は?

今回は、そんな気になるゲーム実況の実際を調べてみました。




■著作権は黙認?

多くの作品が投稿されていますが、それらは基本的に「著作権違反」にあたります。

しかし注意しなければいけないのは、著作権違反は親告罪、つまり訴えられなければ起訴されないということです。

と言うことは・・・今残っている作品は「見逃してもらっている」ということなのです。もちろん、削除された作品もたくさんあります。

これは小説やマンガの二次創作なども、同じです。

著作権違反によりも、むしろそうした活動を通して作品が知られることが有利とも受け止められているのです。

また、今活躍されている漫画家さんの中にも、昔はそうした二次創作などを通じて腕を磨いた人も多いと言われています。

そうした方々からすると、むしろ当然のことなのかもしれませんね。




■実況の公認化?

そんな中、任天堂が面白い取り組みをしています。

それは、youtubeにアップされたゲーム実況動画のうち、任天堂の作品を使用しているものに対して広告をつけ、その収入を任天堂がもらうというシステムです。

また、そうして実況することによってお金がもらえるプログラムも準備しているとのこと。やはりゲーム実況は前向きに捉えられているのかもしれません。

ニコニコ動画でも人気のマリオカート8に至っては、ゲーム内の仕様として直接youtubeに投稿できるようになっているそうです。




■おわりに

インターネットやこうした動画サイトによって、ゲームなどを買うときに重視する点もずいぶんと変わってきています。

ゲーム会社もそうした流れに対応していこうといろいろと模索しているようです。

もしこの記事を読んでゲーム実況が気になったら、ニコニコ動画だけでなくyoutubeにもたくさん投稿されていますのでぜひ見てみてくださいね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】