今何してるの?引退宣言をした宮﨑駿監督のその後を調べてみた



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


昨年引退宣言をした宮﨑駿監督。

これまで何度も何度も引退をすると宣言してはそれを破ってきた宮崎監督ですが、今度は本当なんでしょうか?

引退会見では「今度こそ本当です」と発言してはいましたが、実際今何をしているのでしょうか?

これまで宮﨑駿監督と長くタッグを組んできたプロデューサーの鈴木敏夫さんが、ラジオ番組の中でそのことについて触れていました。




■漫画

宮崎監督は実は漫画家でもあることはご存知でしょうか?

風の谷のナウシカなどの名作だけでなく、実は紅の豚や風立ちぬなども一度漫画として連載している作品なのです。そんな宮崎監督の短編マンガを集めた本なども販売されています。

さて、引退後の宮﨑駿監督は漫画を描いていたようです。

内容は綿密なチャンバラ劇。掲載されるのは月刊モデルグラフィックスという模型雑誌だと思われます。

一体どんな作品なのか、楽しみですね!




■ジブリ美術館企画展示

大人気の三鷹の森ジブリ美術館。

その中では、ジブリの作品の紹介だけでなく季節ごとの企画展示なども行われています。そしてそれらのうちには、宮﨑駿監督が自ら企画し準備したものも多くあるのです。

その他、館内の案内ボードなど随所に、宮﨑駿監督の絵や文字を見ることができます。

風立ちぬは、アカデミー賞にノミネートされたことでも話題になりましたが、しかし宮﨑駿監督はそれらの式典に参加しませんでした。

その理由は「ジブリ美術館の企画展示」が忙しかったから、だと言います。

一度始めたら熱中するあたり、まだまだ「ものづくり」から引退したわけではないようですね。

もしかしたら、ひょっこりまた長編アニメーション映画を作り始めるのかもしれませんね。




■おわりに

もう73歳になる宮﨑駿監督。

体力的にかなり辛いとは言いつつも、しかしかぐや姫をつくった高畑勲監督は78歳です。

長編ではないかもしれませんが、宮﨑駿監督の作品をもう見れないと嘆くのはまだ早いのかもしれません。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】