ハッピーエンドな感じがしない?アナと雪の女王のモヤモヤを解決!



お気に入り


今年一番ヒットしている劇場アニメといえば「アナと雪の女王」ではないでしょうか?ディズニー作品で久しぶりの大ヒットです。

とにかく印象的なのは、この作品のテーマ曲「Let It Go」ですよね。TVや街中など至る所から聞こえてきます。

テーマ曲も大ヒット、興業収入もNo.1の大ヒットとなれば、もう不朽の名作である事間違いなしです。

ところが、よくよく感想を聞いてみると、本編の感想自体は賛否両論なのです。「話がつまらなかった」という感想も少なくありません。

こんなに大ヒットしているのになぜでしょう。

少し考察してみたいと思います。




■原作と大きく改変した為の矛盾

「アナと雪の女王」には原作があります。アンデルセンの童話「雪の女王」です。

ところがディズニーは、この「雪の女王」をアニメ化した訳ではなく、ほとんど完全オリジナルストーリーにしてしまったのです。

一番の改変は、主人公がアレンデール王国の王女・エルサと妹のアナという姉妹のWヒロイン。そしてこの主人公エルサ自身が「雪の女王」となるのです。

本来『雪の女王』での悪役は、雪の女王でした。でも主人公のエルサが雪の女王なので、別に悪役を作らなければなりません。

その結果が、ハンス王子を悪役にするというびっくり設定でした。

でもハンス王子は、王位の座を狙っていたというだけで、それほどインパクトのある「悪役」ではありませんでした。

それも物語の途中までは、誰も彼が悪役になるとは思っていなかったので、突然のハンスの裏切り行為は観ている側を混乱させ当惑させるだけでした。

そしてエルサを殺そうと剣を振り上げたハンスと、その間に割って入ったアナ。

ここでアナは、エルサの魔法の所為で氷の像になってしまいます。そのおかげで、ハンスの剣を弾き返すことが出来、エルザは助かります。

姉エルサを命に代えて守ろうとしたアナの愛と、アナを失いたくないと思うエルザの愛。この姉妹が互いを強く思う「真実の愛」の力で魔法は溶けます。そして二人で仲良く暮らしました。・・・エンド。

この終わり方が、なんともすごく曖昧でスッキリしない感じなのです。

その所為で、「つまらなかった」という感想を持つ人が出てしまったのではないでしょうか?


■ハッピーエンドな感じがしない理由

原作では、カイという少年とゲルダという少女という仲良しの二人が居て、ある日カイが雪の女王に攫われてしまい、必死にカイを取り戻そうと雪の女王の宮殿まで行くゲルダがカイを取戻し、喜びの涙で凍った心を溶かして、カイとゲルダはハッピーエンドになります。

1組のカップルが、雪の女王という悪役によって引き裂かれそうになり、その愛で互いを取戻しハッピーエンドになるという解りやすい構図があるからこの物語は成立していました。

ところが、雪の女王を主人公にして王子を悪役にし退治してしまって、姉妹で仲良く暮らしました・・・と言われても、全然ハッピーエンドの感じがしないのです。

なぜなら、エルザもアナも元々姉妹の仲は良く、エルサの魔法でアナを傷つけてしまった為エルサが遠くに去っただけで、姉妹が「真実の愛」を見つけたとしても、「だから?」って感じになってしまうのではないでしょうか?




■ハッピーエンドの条件

アナはクリストフと結ばれるでしょうか?

身分も財産も何もない男ですが、アナは王位継承者ではないので問題ないかもしれません。

でもエルサは?エルサには相手が居ません。

王子様が不在の状況で、このままハッピーエンドでいいのでしょうか?そもそもなぜハンスではダメだったのか。

確かにハンスは王位目的で近づいてきましたが、彼と「シンデレラ」の違いはなんでしょうか?

「シンデレラ」で、シンデレラや国中の乙女たちは、王子の「花嫁募集」のパーティへと行きます。つまり「王妃の座」を狙っている訳ですよね。

目的自体はそうかもしれませんが、そこで出会って互いに惹かれあえば恋愛は成立します。はじまりのきっかけは、「王妃の座」狙いでも、それが愛へと変化すればハッピーエンドのはずです。

エルサは王位継承者・・・つまり女王です。彼女が花婿を募集すれば、その地位を狙う男性たちが集まる訳です。

そこにハンスが居たとして、普通に出会っていればエルサとハンスでは恋愛には発展しなかったのでしょうか?

相性の問題なので、ハンスがエルサの好みでなければ終了ですが、ハンスは決して悪者ではないのです。

確かにエルサを殺そうとしたのはやりすぎで、悪役とされてしまっても仕方ありませんが、でも一応それ以外はアナには優しい普通の王子様でした。

エルサの相手はやはり王子様じゃないとダメですよね。

そして王子様のいないこの作品は、決してハッピーエンドではないのです。





■おわりに

「アナと雪の女王」が大ヒットなのに、なぜ「面白い」という人と「つまらない」という人に割れてしまったのか、「つまらない」と思ってしまった人のモヤモヤの原因を考察してみました。

ディズニー映画に、みんなが期待するセオリーというものがあると思います。

それがたとえ王道だとしても、最低限守ってほしいと思うのは勝手な事でしょうか?
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】