愛の奇跡!元気過ぎるおじいちゃん特集!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


以前、バーチャルリアリティゲームたジェットコースターに興じる元気なおばあちゃん達を紹介しましたが、おじいちゃんたちだって負けてはいません!

90代なかばにして、命知らずのスポーツに挑戦するおじいちゃんたちの話です。




■妻の遺灰を胸にスカイダイビングに挑んだ93歳のおじいちゃん

93歳という超高齢とは思えない冒険にチャレンジしたのは、イングランド南西部ドーセット在住のジャック・ヘイクさん。

高度3,050メートルからインストラクターと共に、見事地上へのスカイダイビングに成功。その胸元には、今はなき愛妻ヴェロニカさんの遺灰がありました。

70年間、ジャックさんとヴェロニカさんは一緒にアウトドア趣味を楽しんできたといいます。

ある時、二人で一緒の散歩の途中にふと話がスカイダイビングのことになり、一緒に体験しようと約束しあったそうです。

しかしその約束は果たされないままヴェロニカさんは他界。ジャックさんにとってこのスカイダイビングは愛妻との約束を果たすための念願のチャンスだったのです。

ジャックさんはヴェロニカさんの主治医だったホームドクターに感謝の意を示すため、クリニックへの募金活動をしているそうですが、今後もその活動を続けながら、色々な冒険にチャレンジしていきたいと笑顔で語ったということです。




■94歳でウィング・ウォーキングに挑んだおじいちゃん

『ウィング・ウォーキング』と呼ばれるアウトドア・アクティビティがあります。

飛行中の複葉機の翼の上に立って空を楽しむという、若者でも尻込みしそうなこの命がけのチャレンジに成功したのが、94歳になるバーミンガム在住のトム・ラッキーさんです。

トムさんは最高速度145km/hに達する複葉機の翼上で40分間に渡るウィング・ウォーキングに成功。それまで自身が保持していたギネスブックの『ウィング・ウォーキングの最年長記録』を更新したということです。



トムさんの奥さんは14年前に病気で他界。以来、トムさんはこのウィング・ウォーキングで募金を募る活動を行っており、これまでにも相当額を寄付したということです。




■おわりに

二人のおじいちゃんを動かしたのは、亡くなった奥さんへの思いだった・・・まさに、愛の力の為せる奇跡と言ったところでしょうか?
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】