新種発見!木の上に棲む巨大カエル!



お気に入り


パプアニューギニア奥地で、新種の動植物が200種以上発見されたとのこと。

大量絶滅の傍ら、新種発見のニュースはとても喜ばしいものです。

今回はその中から、『木の上30mに住む巨大カエル』を調べてみました。




■パッと見アマガエル

アマガエルのような見た目なんですが、とても大きいサイズとのこと。

パプアニューギニアでは、本当に沢山の新種生物が発見されてきています。牙と皮膚を持つカエルや、まるで人のような顔を持ったコウモリなど。

そういった部分も今後特集していこうと思っています。

それでは、今回の『木の上に棲む巨大カエル』とは、どのような姿形をしているのでしょうか。

20101007111121-3-b-300x208





■おそらくは新種あろうとのこと

パプアニューギニアで発見されたこのカエルはおそらく新種とのこと(DNA解析の結果待ちだ)。

パプアニューギニアのミュラー高原の地上30メートル!の林冠に生息するこの明るい緑色の巨大なカエルは、その姿を見かけることより声が聞こえることのほうが多いようです。

地元の人が木に上って採取してきたそうです。




■おわりに

いかがでしたか?

黒目が横に細長くてとてもかわいいですよね。

サイズとしてはかなり大きいとのことです。

一度目の前で見てみたいですね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】