昼ドラ並にドロドロしている!?CCさくらを深読みすると垣間見える人間関係の謎



お気に入り


今なお根強いファンを持つ魔法少女アニメ「カードキャプターさくら(以下CCさくら)」。

小学生女児向けの作品でありながら、その内容の深さに幅広い層のファンを魅了した事が、長く続く人気の秘密と思われます。

魅力的なキャラ達とその設定、世界観の中には、意外と深読みするとドロドロとした大人の世界が垣間見れるように思われるので、ちょっとその勝手な深読みを検証したいと思います。




■良き父・木之本藤隆

木之本藤隆とは、主人公さくらの父親です。

大学で考古学講師をしており、穏やかで優しい性格で、基本は常に笑顔。妻を早くに亡くし、男手ひとつで二人の子供を育て上げた苦労人。

息子は、成績優秀・スポーツ万能で学校の人気者、アルバイトを掛け持ちして家事全般もこなすという申し分ない青年に育ち、娘は、明るくて素直で頑張り屋で、誰からも愛される美少女として育った。

二人の子供をみると、父親の子育ては間違っていなかったように思われる。

優しい父親と、良くできた子供たち。それは誰もが憧れるような理想的な家族。


■スキャンダラスな男・木之本藤隆

・・・だがしかし、よく考えてください。

彼は18年前、高校の新米教師でありながら、当時16歳の教え子であった女子生徒・間宮撫子と男女関係になった上に、駆け落ちして結婚しているのです。

恐らく、撫子さんは高校を中退しています。・・・ということは、藤隆自身も高校教師の仕事は辞職しているでしょう。

二人の結婚について、撫子の家族から大反対を受け、その原因の一つに藤隆の出生が定かではなかった為とあります。

もちろん「どこの馬の骨とも分からない男に、うちの娘はやれん」というのは道義ではあるものの、そもそも新米の高校教師が生徒に手を出す時点で、言語道断なように思います。

これってかなりスキャンダルですよね。

虫も殺せないような優しげな男性に見えて、16歳の未成年に手を出すなんて・・・ほぼ犯罪ですよね?

例え相手の同意があったとしても、藤隆は教師という立場でもある事から「青少年保護育成条例違反」に該当する事は避けられません。条例による罰則の上限は懲役2年、罰金100万円です。

また「児童福祉法違反」に該当する場合も有ります。その場合は10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金です。

二人が結婚した場合は免除される場合もありますが、それ以前に撫子の両親が訴えた場合、もしくは先に学校で問題になった場合は、上記「性犯罪」として逮捕されてもおかしくありません。

人は見かけによらない・・・その言葉のままに、木之本藤隆を表していると思います。




■大道寺知世の心の闇

さくらの親友の大道寺知世は、同じ小学4年生とは思えないほど大人びており、とても思慮深くて常に冷静です。

そしてさくらとは親友でありながら、常にさくらを助けるばかりで、自身の悩みなどをさくらに吐露する事はありません。

そんな彼女にはいくつかの謎があります。


<私立友枝小学校に通う理由>
なぜ彼女は資産家の令嬢でありながら、私立友枝小学校に通っているのでしょう?

友枝小学校は私立ではありますが、学校の様子や生徒たちの感じから見ても公立校とあまり変わらないレベルの学校のように思います。

ボディーガードを何人も従えるようなお嬢様が通う学校ではありません。

また、ボディーガードを何人も従えているという事は、過去に何度も危険な目に合っているという事です。

それならばなおさら、普通の小学校に通わせるというのは少々おかしなことだとは思いませんか?


<父親と会社の謎>
他にも謎はあります。知世の父親については、一切の情報がありません。

会社社長は母親の方で、父親の姿はそこにはありません。

母親の旧姓は「雨宮」である事から、実家の雨宮コーポレーション系列の会社と言う訳ではなく、「大道寺」が夫の姓、つまり夫の家の会社ということになります。

その会社の社長が夫ではなく、嫁である知世の母・園美というのも謎です。


<母の撫子への異常な執着>
母の園美は、従妹だった撫子(さくらの母)を溺愛しており、その彼女を奪った藤隆を誰よりも憎んでいました。

絶縁状態にあったため、知世の親友であるさくらが撫子の娘とは知らず、運動会で偶然藤隆に会って初めて知ります。

ここでの謎としては、撫子が駆け落ちし雨宮の家とは絶縁状態になったとはいえ、園美がそれほどに撫子を溺愛していたのならば、なぜ探偵を使うなりしてその後の消息を調べなかったのでしょうか?

園美は娘の友世の髪型を撫子のように真似たりするなど、知世を使って撫子を投影するほどに執着しています。

知世は、母からそんな風にされてどう思っていたのでしょうか?

知世が10才にしてどこか自立し大人びている事と、これらの要因が無関係とは思えません。

親友のさくらにさえも心の奥を明かさない知世には、「心の闇」があるように思えてなりません。





■おわりに

CCさくらは、明るくて素直な「さくら」を中心に描かれたアクション魔法少女アニメです。

全体のテイストはとても明るくてポップですが、その奥にある人間模様が「昼ドラ」並にドロドロとしているように思うのは、深読みのし過ぎでしょうか?

皆様はどう思いますか?
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】