何でもあり!超次元サッカー「イナズマイレブン」の破壊的な魅力を紹介!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


皆さんは「イナズマイレブン」というアニメを知っていますか?

2008年~2011年まで放送された同名ゲームが原作の人気アニメです。

何のアニメかというとズバリ「サッカー」!

サッカーを題材にしたアニメはたくさんあります。中でもサッカーアニメを代表する「キャプテン翼」という作品があります。

しかしこのイナズマイレブンはとにかくすごい!!

そこで見た事の無い方にもぜひこの作品のすごさを知ってもらいたいと思い、一部ですがその魅力を紹介します。




■超次元サッカーは必殺技がすごい!

イナズマイレブンは普通のサッカーではありません。なんと「超次元サッカー」なんです。初めて聞く言葉かもしれませんが、それって一体何?と思われるでしょう。

「超次元」ですから、その名の通り「次元」を「超えた」サッカーなのです。

つまりハッキリ言うと「なんでもありのサッカー」です。と言っても、まだ「なんでもありってどういう事?」と思うでしょう。

解りやすく言うと、「すごい必殺技が盛りだくさんのサッカー」です。

だけどすごい必殺技のサッカーなら、キャプテン翼だって、すごいですよね。

例えば、至近距離で受けると骨折するほどの破壊力のある小次郎の「ネオタイガーショット」や、立花兄弟がアクロバティックに打つ「スカイラブハリケーン」などすごい技があります。

しかしイナズマイレブンの超次元サッカーと比べると、それらが可愛い物と思えてしまいます。

鉄骨が降ってきたり、魔物を召喚したり、時空を超えたりします。

そんなとんでも必殺技の一部を紹介します。


■イナズマイレブンの必殺技抜粋

<ザ・ウォール>
巨大な岩壁を出現させてボールを止めて奪う

<爆熱ストーム>
炎の魔神を召喚し、魔人が広げた手を台にして大ジャンプし炎を纏ったボールを蹴り放つ

<皇帝ペンギン1号>
指笛を吹くと、地面から5匹の赤いペンギンが出現し、ペンギンが飛び回りボールと共にゴールへ

<ゴッドハンド>
巨大な右手のオーラが頭上に現れボールを止める

<時空の壁>
時計が浮いた異空間を生み出し、時の流れを遅くしてボールを止める

<ゴッドブレイク>
背中に巨大な金色の羽を生やし、空に舞ってボールをかかと落としでシュート

<ヘブンズタイム>
時間を止める

<ワームホール>
空間を歪ませ、異空間への穴を作りシュートを吸い込み、左上に同じ空間の輪を作りシュートを下方向に射出する


いかがですか?

これはほんの一部ですが、あれ?サッカーの技だよね?と首を傾げる人もいるでしょう。

そうなんです。これが超時空サッカーなのです。




■技がすごけりゃ、敵もすごい!

すごいのは技だけではありません。登場する敵チームもすごいのです。

こちらも一部紹介します。


<尾刈斗(おかると)中学校>
どこかしら暗い雰囲気を秘めている中学校。

有名選手の霊からコーチを受ける選手や、キョンシーや吸血鬼、狼男のような姿をした選手がいるなどかなり特殊なチーム。


<野生(のせ)中学校>
野生動物を連想させる選手が揃うチーム。

鶏冠のような髪型で空中戦をする選手や、イノシシ、ライオン、カメレオンのような恰好をした選手が居る。


<戦国伊賀島中学校>
伊賀忍術を使うチーム。


<エイリア学園>
自らを「星の使徒」と名乗る集団が所属する学校。

サッカーで世界征服を目論んでいる。


なんか・・・個性という次元を超えたチームばかりだとは思いませんか?

このような人間離れした敵チームを相手に、人間離れした必殺技で戦う超次元サッカー。

それがイナズマイレブンです。





■おわりに

なんかよく分からないけど、すごい!!って思えてきませんか?

そしてちょっと観たくなったりしませんか?

この作品は、本当に「有り得ない」ことがたくさん起こりますが、すべて「超次元だから」の一言で解決するというすごい作品です。

そして何より一番すごいのは、こんなものすごい技でも壊れないサッカーボールかもしれません。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】