劇場版『ポケットモンスター』考察!アルセウスは本当に神様?



お気に入り


ポケットモンスターの世界では、アルセウスによる創世神話が存在します。

しかし、彼は本当に神様なのか? 現実の神様と比較しながら考察していきたいと思います。




■神様のイメージ

神、と聞いて想い浮かべるイメージは人それぞれでしょう。ですが多くの人が懐くであろう共通点を上げれば、偉大な力を持つ、全知全能、などがあると思います。

確かに、神、と呼ばれる存在であれば欠点など有り得ない筈。ギリシャ神話の神々は結構人間的なところがありますが、それでも強大な力を持っている点は変わりありません。

つまり、人間では到底叶わない存在、なわけです。


■アルセウスは未完全?

さて肝心のアルセウス。作中での描写によれば、一応タマゴから孵った存在になっています。

ポケモンのタマゴについては詳細な説明がありませんが、最新作『ポケットモンスターX・Y』では、ポケモンの揺り籠である、との説明があります。

つまり、アルセウスは何者かに生み出された可能性があるわけです。神話では神が神を生むことがありますが、アルセウスもそれに当て嵌まるのでしょうか? 

確かに彼? は、自らの分身を生み出し、それが伝説のポケモンになった、という経緯があります。他にもタマゴを生み出し、ユクシー・エムリット・アグノムを誕生させています。

なるほど確かに、アルセウスは神様と呼んでいい存在かもしれません。ですが、そんな彼もタマゴから、つまり生みの親がいる可能性は高めです。

創世神話のある、絶対神としては些か疑問が残ります。




■神様である理由

しかしそもそも、創世を行う、つまり世の起源となった神様は親がいてはいけないのか?この点については、現実に哲学者などが行った、神の存在証明を参考にしたいと思います。

神の存在証明に使われた論法として、ここでは三つを上げましょう。目的論的証明、存在論的証明、宇宙論的証明、の三つです。


<目的論>
これは言わば、世界が精巧に作られている理由から神を推測するものです。自然の世界って、凄くバランスが取れていますよね? 

こんなのを作れるのは人間を超えた者だけだから、神は存在する。これが目的論的証明です。


<存在論>
この論を端的に述べると、神は万能者であり、万能であるということは否定的な属性を持たない。そして、存在しない、は否定的な属性。

よって肯定的な属性である、存在する、を神は有しており、神は実在する、というものです。


<宇宙論>
これを単純に言ってしまうと、物事の極限原因、としての神を証明しています。

つまり、宇宙を作ったのは神であり、よって神は存在する、というわけですね。


■三つの存在論とアルセウス

アルセウスを三つの論から考察すると、宇宙論、存在論はアルセウスに当たりません。

タマゴであった以上は生みの親がいる筈です。生み出された、ということは元々が無の存在であり、つまりは存在しない、という否定的な属性が含まれます。

宇宙論から言えば、タマゴであった以上、その原因がある筈です。

なら目的論。これはアルセウスが創世を行った以上、決して否定できない要素でしょう。




■おわりに

アルセウスは一体誰から生み出されたのか。候補を上げるとすれば、すべてのポケモンの先祖だとされるミュウでしょうか。

しかもミュウは、アルセウスの創世に登場しません。なら、と考えることは出来ますが、証拠が無いのも事実。

公式からの解答があれば、ぜひ聞いてみたいところです。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】