上には上が!子どもの自動車運転事件簿!



お気に入り


以前、ノルウェーで10歳の少年が自動車を運転して脱輪事故を起こした話を紹介しました。

しかし世界には、まだまだ、上には上を行く子どもがいました。

インドとドイツから、自動車を運転した子どもの、あっと驚くような話を紹介しましょう。




■フェラーリを運転した9歳児

2013年、とあるインド人の大富豪がYouTubeにアップした動画が問題となり、その大富豪が逮捕されるという事件が起こりました。

逮捕されたのは、マホメット・ニシャム容疑者。

彼がYouTubeにアップしたのは、自分の9歳の息子に高級スポーツカー、フェラーリを運転させてその様子を撮った動画でした。

この動画を見たインド人の視聴者の間に怒りの声が広がり、ついには警察に通報、逮捕に至ったということです。

オリジナルの動画は既に削除されていますが、日本人がコピーしたと思われるものが、今でも観ることができます。



少年の両親は、少年が5歳の頃から自動車を運転させていたと供述し、まったく悪びれた様子はなかったと言います。

男の妻、アマールは『息子のことを誇りにします』と語ったとか。問題のフェラーリは警察に押収されたということです。




■ベンツを運転した2歳児

フェラーリを運転する9歳児も相当スゴいと思いますが、更に上を行く事件が2014年5月に発生しました。

事件が起きたのはドイツのベルリン南部。なんと、2歳の男の子がベンツを運転し、事故を起こしたのです。

このトンデモない事故を起こした男の子の名前はミランジャン君と言います。

2014年5月11日、ミランジャン君は父親が眠っている隙に自動車の鍵を持ち出し、自宅の駐車場に駐車されていたベンツに乗り込んでエンジンをかけ、自ら運転して車を発進させました。

ベンツは車を横切って10メートル程先にある青果店の柱に衝突、停止しました。

幸い、乗っていたミランジャン君を始め、怪我人はいなかったということです。

『2歳児が自動車を運転』というインパクトあるニュースに、Twitterでもすぐさま話題になりました。

日本人からも、感想のツイートが上がっています。






■おわりに

行動力のある子どもって、世界中にいるんですねえ。

もちろん、親が幼い子どもに自動車運転させるなど、言語道断な話ですけど。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】