【閲覧注意?】動物の○ンチについてのトリビア



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


○ンチと言えば、そう、ウン○のことです。

○ンチと聞いてキレイだと思う人など、まずいないでしょうが、一方で、ウン○を汚い・不潔だと思うのは人間だけだという説もあります。

動物を飼育していれば、その○ンチの状態をチェックして健康状態を確認するのは当然の日課になります。

動物のウン○を知ることは、その動物を知ることでもあるのです。

ここでは、汚いけど興味深い、動物の○ンチについてのトリビアを紹介しましょう。




■自分のウン○を食べないと餓死してしまウサギ

ウサギの糞と言えばころころと小さく丸いものを思い出す人も多いかもしれませんが、実はそれとは別に、ウサギは溶けかかったチョコレートのようなベタッとした糞をすることがあります。

そんなの見たことがないと思われるのも当然、ウサギはこの糞をそのまま食べてしまうからです。

ウサギが本来持っている消化酵素は、植物に含まれる繊維質(セルロース)を分解できません。

食物から最大限に栄養を摂取するために、ウサギはセルロースを分解する細菌を腸内に持っていますが、一度では消化吸収しきれず排泄してしまうのです。

そこでウサギは、この栄養素たっぷりの糞を食べ、栄養を吸収しているのです。


■母親の○ンチを食べて育つコアラ

糞を食べることが必須の動物と言えば、ウサギの他にコアラを挙げることができます。

コアラは毒性のあるユーカリの葉を食べることで知られていますが、それはコアラの腸内に、ユーカリを分解消化する手助けをしてくれる細菌がいるからです。

しかし、生まれたばかりのコアラの赤ちゃんの腸内にはこの微生物がいません。

そこで赤ちゃんコアラは、母親の糞を食べることでこの微生物を取り込み、ユーカリを食べることができるようになるわけです。




■白いウン○をするハイエナ

人間が白い○ンチをするのはレントゲンの際にバリウムを飲んだ時くらいのものですが、野生動物には常に白いウン○をする動物がいます。

それがアフリカのサバンナに生息するハイエナです。

死肉漁りをすることでも知られるハイエナ、食糧事情の厳しい環境に生息していることは間違いありません。

彼らは可能な限り余すこと無く死肉を食いつくすために、その骨まで噛み砕いて飲み込むのです。

骨を常食にしているために、ハイエナの糞は白くなるということですね。


■パンダの○ンチは臭くない?

パンダは実に一週間に800kgの笹を食べることで知られています。

ところが、草食動物と思われがちなパンダですが、その腸は肉食動物と同様、腸が短い構造となっています。

草食動物は食べた植物を長い腸で時間を掛けて消化することで栄養を吸収します。しかし、もともと身体構造が肉食動物に近いパンダは、食べた笹を十分に消化吸収することができません。

そのため、笹を食べたパンダは色も匂いも笹そのものに近い糞をします。

栄養の吸収率が低いから、それだけパンダはものを食べる必要があります。あの1日中何かを食べているようなパンダの姿は、別に食いしん坊だからではなく、そうしないと生きていけない必然性のなせるものだったわけです。




■おわりに

人間は1日に150g~200g程度のウン○をしますが、

ゾウの○ンチはなんと1日に100kgに及ぶそうです。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】