本当にあった!日本にあるジブリの世界を一部紹介



お気に入り


ジブリ映画は、その映画のストーリーや細かい設定だけでなく幻想的な世界感も魅力的です。そのため、ジブリの世界は存在しない・・・なんて思っていませんか?

実は幻想的な世界は実は日本にも存在します。

そこで今回は、ジブリ映画のモチーフとなった日本の名所をご紹介します。




■「もののけ姫」の森

もののけ姫達が生活し、シシ神が降臨した幻想的なシシ神の森は非常に印象的です。そんな森は、屋久島に存在する水谷雲水峡がモデルとなっています。

樹齢1000年を超える弥生杉と呼ばれる杉が立ち並び、日本有数の降水量を誇る屋久島の雨によって削られた丸々とした珍しい巨大な岩が見られます。

近年は、そんなもののけ姫の森を見ようと多くの観光客が訪れるといわれています。


■「耳をすませば」の地球屋

「耳をすませば」で、ネコの人形と主人公の雫が出会った雑貨屋「地球屋」。非常に幻想的で日本とは思えないようなオシャレな雑貨屋です。

この地球屋は、多摩にある日本アニメーションの近くにある邪宗門という喫茶店がモデルになっているといわれています。

宮崎駿監督は日本アニメーションに在籍していたこともあるので、邪宗門にも通われたことがあるのかもしれませんね。




■「となりのトトロ」のトトロのホーム

「となりのトトロ」では、トトロ達が生活している非常に大きな木が登場します。

その形状と非常に似ていると注目されているのが、山形県鮭川村の「小杉の大杉」です。推定樹齢700年から800年と言われ、高さ20メートルにもなる巨木になります。

モデルとなった巨木というわけでは無いかもしれませんが、その外観が「となりのトトロ」に登場する巨木に似ていることから、近年、多く観光客が訪れます。


■「風立ちぬ」再会のホテル

「風立ちぬ」で主人公と菜緒子が再会を果たしたのが、「草軽ホテル」です。モダンな外観は、2人の再会にピッタリの舞台ですね。

そんな「草軽ホテル」のモデルとなったのが、長野県軽井沢の万平ホテルです。特にテラス席などは作中に登場するテラスそのもので、ひょっこりと菜緒子が顔を覗かせそうな気にさせられます。

教会や神社が近くにあることから、今後このホテルで挙式を挙げるカップルも増えるのではないでしょうか?




■おわりに

幻想的なジブリの世界は、探してみると意外に身近な場所にあります。

都心からは少し離れていますが、時には少し足を伸ばし、ジブリの世界を楽しむための旅行に行ってみてはいかがでしょう。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】