お手軽英語教室!アニメで英語を勉強してみると楽々英語が覚えられる?



お気に入り


「英会話を勉強しよう!」と思った時に一番の壁となるのが「ヒアリング」です。

実は、日本語と英語では周波数自体が異なるため、普通に単語を勉強するだけでは自然に英語を聞き取るのは難しくなるのです。

そのため「留学」や「英会話教室」などに通い英語の勉強をする人が多いのですが、実はアニメでも英会話を身に付けることができます。

今回は、そんな意外なアニメの活用方法をご紹介します。




■基礎から始めたい人は「ミッキーマウスクラブハウス」

「学生の頃から英語が苦手だった」という人にお勧めなのが、「ミッキーマウスクラブハウス」です。

お馴染みのディズニーのキャラクターが、5つの問題を解決する単純なアニメです。

問題を解決するためのツールとして5つのアイテムが登場し、単語を覚えられるので、英語が苦手な方にはお勧めの作品です。

ポイントは、アニメを見ながら積極的に自分も発音することです。ミッキーが必ず「これは何?」と間を作ってくれるので、単語を口に出してみましょう。


■慣れたら「スポンジ・ボム」

英語のヒアリングに慣れてきたら「スポンジ・ボム」を見てみましょう。英語の単語を勉強するというより、簡単なストーリーを追いかけるアニメです。

タイトルの通り、スポンジが登場人物というちょっと変わったアニメーションになります。

基本的に幼児向けのアニメなので台詞の速度も速くありませんし、簡単な単語しか登場しませんので英語初心者でも聞き取ることができます。




■もっと英語をという人は「シンプソンズ」

スポンジボムよりも少し大人向けのアニメがシンプソンズです。アメリカでも放送時間は21:00から24:00と、大人向けのシビアな内容が多いアニメになります。

そのため、単語も少し難しくなりますし、スピードもアップします。

ただ、基本的にコントのような内容であり何を言っているのか画像を見るだけで分かるので、耳を慣らすためにはお勧めのアニメです。


■最後は「ジブリ映画」英語吹き替え版

最後は、ジブリ映画を見てみましょう。

一度見たことのあるジブリ映画ならば大体の内容は分かるので、声優の違いに違和感を覚えるものの、苦もなく見ることができます。

最初は「英語字幕」も一緒に流すと勉強になります。

好きな台詞があったら、英語で発音してみるのもお勧めですよ。




■おわりに

ただ見るだけではもったいないのがアニメです。

英語をバイリンガル並みに話そうと思ったら、英語を話す国の人が子供の頃にやったように英語を勉強すればいいだけです。

英語圏の子供のように基本的なアニメから始め、最終的に長編の映画へ徐々にレベルをアップしてみましょう。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】