実年齢は一体何歳?「忍たま乱太郎」山本シナ先生の不思議トリビア



お気に入り


山本シナ先生は、忍術学園で唯一判明している女性教師です。

くノ一教室を担当しているため三人組との接点はあまりありませんが、とある理由から三人組からも憧れの的です。

そんな山本先生のトリビアを紹介しましょう。




■年齢不詳設定は原作者の願望?

山本先生を語る上で外せないのが、「年齢不詳」という設定を特技として表現したことです。

20代の女性から70近くの老婆まで、素早く見た目を変えることは勿論、何と等身まで変えてしまうのです。

これには、原作者の女性としての願望が強く意識されていると言われています。

一応、原作者の生年月日は公にされているのですが、作者は『忍者は年齢不詳である』という立場上、自身の年齢を非公表にしています。

原作者なりの女性観が一番反映されたのが、山本先生なのかもしれませんね。


■さらなる別の顔を持っている

麗人と老婆の2つの顔を巧み使い分ける山本先生ですが、実はもう3つほど別の顔を持っています。

1つは若年と老年の中間の壮年の顔で、これはアニメ20期で初披露しています。

2つ目は「大熊権佐ェ門」という男装キャラで、姿形のみならず声色まで変える(別の男性声優が担当)ほどです。

そして3つ目が「仮面の忍者磯辺マキ」というキャラで、三人組の窮地を救ったことで彼らから憧れの的になります。

男女を問わず魅了する山本先生ですが、その正体は依然不明です。




■キレると時代無視の物で攻撃する

普段は温厚な山本先生ですが、本気でキレるととても怖いのだそうです。

中でも初期の壊れっぷりは尋常ではなく、乱定剣(手近な物を乱雑に投げる)→火縄銃の乱れ撃ち→バズーカ砲という恐ろしいコンボを、くノ一達の回想内ですが披露していました。

特にバズーカ砲は勿論この時代に存在せず、思いっきり近代の仕様になっていましたが、そこはギャグアニメと言った所でしょうか。

ちなみに、実際に怒るとどうなるのかは、未だに不明です。


■忙しい休日の過ごし方

山本先生の不思議な所は、休日の過ごし方にもあります。

以前、三人組が山本先生の正体を探ろうと、彼女の休日に彼女の行方を探った回がありました。

そこでは、老婆の姿で近所のご老人たちとお茶を楽しんだかと思いきや、直ぐに姿を眩ませて、若い姿でハングライダーに興じるなど、三人組が混乱するほどの忙しさを見せていました。

ちなみにこの時、仮面の忍者磯辺マキを披露していますので、学外では義賊活動もしているのかもしれません。

しかしながら、結局は山本先生の素性は良くわからないのです。




■おわりに

原作者が女性であるためか、くノ一や山本先生には、時々女性の非情さや恐ろしさが垣間見えることがあります。

普段はギャグ描写でお茶を濁していますが、特に意味深な笑顔が怖いのがこの作品の特徴です。
 

お気に入り


あわせて読みたい