当初は敵だった!「忍たま乱太郎」小松田秀作の愛すべきトリビア



お気に入り


小松田秀作は、忍たま乱太郎のアニメにおけるギャグ要因の一人です。

彼の登場で、三人組の、とりわけしんベえがトラブルメーカーではなくなりました。

そんな愛すべきバカな、彼のトリビアを紹介しましょう。




■当初は敵だった

アニメの第4期から登場した彼ですが、当初はドクタケ城への仕官を目指していた敵でした。

ところが持ち前のキャラ設定で敢え無く仕官に失敗し、アニメの題5期において現在の忍術学園の事務員という役職に就職し、今に至るという経緯を辿っています。

目指すものへの素質は一切ないが、他人を絶対傷つけないので人柄を好かれるというのは、敵に留めておくのはもったいなかったのでしょう。

結果トラブルメーカーの一人となりましたが・・・


■ギャグキャラ故に不死身

彼を語る上で外せないのが、驚異的なマニュアル履行力です。特に事務員として入門表へのサインに異常なまでに固執し、すっかりギャグとして確立しました。

これはアニメの回を追うごとに過激になり、例えばプロの忍者が学園に忍び込めば気配もなく背後から入門表へのサインを求めたり、サインなしに学外へ逃げた場合は地の果てまでも追いかけ(最近は先回りしてたりします)、挙句にはサインを拒んで攻撃しても全くの無傷という驚異的な身体能力まで会得しています。

もうここまで行くと、忍者目指さなくても良い気がしますね。




■兄がいるが、そんなに優秀ではない

こんな彼には実はソックリなお兄さんがおり、小松田優作というキャラで、家業を継いで実家のある京都に住んでいます。

ソックリ(声優まで同じ)なので双子か何かと勘違いする視聴者もいるようですが、双子ではありません。

しかも名前から察して弟より優秀と思いきや、実はあんまり変わらない設定で、キャラ立ちに見事失敗しているためか、余り活躍する話もありません。

ちなみに名前の元ネタは「松田優作」からだそうです。

もうちょっと何とかならなかったんでしょうかね。


■忍者の素質はないが、海賊の素質はある

トラブル発生源の事務員としてギャグキャラに甘んじている彼ですが、実は著しく才能を開花させた分野があります。

それは海賊業であり、水泳が上手いことを本業の海賊に指摘されてからみるみる頭角を現し、本人の明るい人柄から人心掌握にも優れるという、日頃のダメっぷりが嘘のような活躍を見せます。

原作者かアニメ制作側が何らかの救済措置として後付けで設定したものらしいですが、彼と海賊が絡むと、途端にデキる男になるという傾向が、最近の忍たまにはあります。




■おわりに

現実に彼のようなキャラが居れば堪ったものではありませんが、創作においては実に美味しいキャラで、各ライターに好んで登場させられています。

ゆるさが特徴の忍たまにおいては、貴重なワンクッション要員なのでしょう。
 

お気に入り


あわせて読みたい