実は婿養子?「忍たま乱太郎」の八方斎の4つの意外なトリビア



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


八方斎はアニメ忍たまで真っ先に浮かぶ悪役ですが、演じる声優の演技もあって、どこか憎めないキャラとなっています。

名前と名字のミスマッチさを度々主人公達から突っ込まれますが、アニメではちゃんとした理由があります。

そんな愛すべき彼のトリビアを紹介しましょう。




■実は婿養子

強面のキャラの八方斎ですが、実は最初からドクタケ城の忍者隊に仕官していたわけではありません。

彼は以前、奥さんの実家の「稗田家」に入り婿となり、永らく奥さんを奉仕する毎日を送っていたそうです。

ちなみに、奥さんの名前は「西瓜(スイカ)」です。

しかしながら、入り婿としての立場と性格が厳しい奥さんとの板挟みに心労を病んだらしく、仕官先の給料の大半を奥さんの実家に仕送りするという条件で、ドクタケ城に仕官したという逸話があります。

ちなみに、この設定はアニメオリジナルです。


■実は二代目首領

上記の設定から何となく想定されることですが、八方斎の先代のドクタケ忍者隊首領が存在します。

しかしながら非常に謎めいた人物で、本名は設定されておらず現在は焼き物職人をやっているという風変わりな人物です。

ちなみにアニメでは1期の時に先代お頭として登場し、それ以降は17期の1話にしか登場していません。

ドクタケ忍者はサラリーマンですので、脱サラしたとも考えられますね。

しかも、八方斎はどうやら彼から首領格を譲られたようで、出世できたことで先代の彼に非常に感謝の念を抱いていると言われています。




■ストレートヘアーを評価されたことがある

八方斎の特徴の一つとして、無駄にキレイに手入れされた髪の毛があります。

実は、このサラサラストレートヘアーが評価され、なんとランキングで3位を取ったことがあります。

11期の71話でくノ一たちが評価したものですが、以下のようなランキングになっています。


<1位>
立花仙蔵

<2位>
平滝夜叉丸

<3位>
稗田八方斎

<4位>
伝子さん(山田先生の女装版)

<5位>
黒門伝七

<6位>
山田利吉

<7位>
学園長

<8位>
北石照代

<9位>
神崎左門

<10位>
ふぶ鬼


■女装したことがある

別段、忍たまのアニメなら珍しいことではないかもしれませんが、ついに八方斎が女装した回があります。

2013年の3月20日に放送された20周年スペシャル版の回です。ちなみに、この回の脚本担当者は女装好きな浦沢義雄さんでした。

副題に登場する『謎の女』というのが女装した八方斎のことで、案の定悪巧みで最後は撃退されるのですが、

意外と女装を頑張っており、少なくとも後ろ姿は山田先生レベル(つまり山田先生と誤認された)で、実際山田先生と間違えた視聴者もいたようです。




■おわりに

このように、やってることは稀に非道な回もありますが、八方斎は基本は愛すべき悪役であり視聴者からの人気は高いそうです。

特に冒頭で記した担当声優の演技に助けられた要素も強く、今後とも愛着の湧くキャラとして愛されることでしょう。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】