人気タイトル目白押し!コミック歴代発行部数ベスト50!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


今やコミックは、日本のポップカルチャーのメインストリームと言っても過言ではありません。

次々とミリオンセラー入りする人気タイトルが現れ、アニメ化や実写映画、ドラマ化の話題も尽きることがありません。

そこで今回は、コミック販売サイト『漫画全巻ドットコム』が集計した、コミックの歴代発行部数ベスト50を一挙に紹介します。




●50~41位

<50位:3600万部>
王家の紋章(細川智栄子あんど芙~みん)
進撃の巨人(諫山創)

<49位:3690万部>
銀魂(空知英秋)

<48位:3800万部>
釣りキチ三平(矢口高雄)

<42位:4000万部>
遊戯王(高橋和希)
犬夜叉(高橋留美子)
MAJOR(満田拓也)
シュート!(大島司)
今日から俺は!!(西森博之)
CITY HUNTER(北条司)

<41位:4010万部>
BE-BOP-HIGHSCHOOL(きうちかずひろ)


人気沸騰中の『進撃の巨人』がベスト50止まりというのが少し意外な感じもしますが、まだ連載中の新しい作品ですから、これから更に大きく伸びる可能性は高いでしょう。


●40~31位

<40位:4130万部>
バガボンド(井上雄彦)

<39位:4200万部>
静かなるドン(新田たつお)

<37位:4300万部>
クレヨンしんちゃん(臼井儀人)
NANA(矢沢あい)

<36位:4380万部>
テニスの王子様(許斐剛)

<34位:4800万部>
頭文字D(しげの秀一)
ドカベン(水島新司)

<33位:4930万部>
幽遊白書(冨樫義博)


ベスト28に同率で5作品が入っている関係上、ベスト40圏はこのような結果になりました。


●30~21位

<28位:5000万部>
グラップラー刃牙(板垣恵介)
GTO(藤沢とおる)
DRAGON QUEST-ダイの大冒険(三条陸)
ろくでなしBLUES(森田まさのり)
ガラスの仮面(美内すずえ)

<27位:5300万部>
らんま1/2(高橋留美子)

<25位:5500万部>
BADBOYS(田中宏)
H2(あだち充)

<23位:6000万部>
花より男子(神尾葉子)
キン肉マン(ゆでたまご)

<22位:6350万部>
ジョジョの奇妙な冒険(荒木飛呂彦)

<21位:6500万部>
HUNTERxHUNTER(冨樫義博)


高橋留美子や冨樫義博など、複数タイトルでベスト50圏内にランキングしている作者が特に目を引きますね。

『ダイの大冒険』はゲームを原作としているコミックとして、他のランキング作品とくらべても異色作と言えるでしょう。




●20~11位

<19位:7000万部>
るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-(和月伸宏)
三国志(横山光輝)

<18位:7460万部>
BLEACH(久保帯人)

<17位:7550万部>
はじめの一歩(森川ジョージ)

<16位:8000万部>
キャプテン翼(高橋陽一)

<15位:8600万部>
サザエさん(長谷川町子)

<14位:9000万部>
金田一少年の事件簿(天樹征丸)


ベスト40圏の時と同様に、10位に同率4作品ランクインの為、ベスト20圏内のタイトルは6作品となっています。

『サザエさん』がベスト10圏外なのは、少し意外な気がしますね。


●10~3位

<10位:1億部>
北斗の拳(武論尊)
タッチ(あだち充)
鉄腕アトム(手塚治虫)
ドラえもん(藤子・F・不二雄)

<9位:1億1900万部>
SLAM DUNK(井上雄彦)

<8位:1億3000万部>
美味しんぼ(雁屋哲)

<7位:1億3500万部>
NARUTO(岸本斉史)

<6位:1億4000万部>
名探偵コナン(青山剛昌)

<5位:1億5530万部>
こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治)

<4位:1億5700万部>
ドラゴンボール(鳥山明)


ベスト10圏内に入ると、その発行部数は1億部以上。気が遠くなりそうな数字です。

ちなみに、金田一少年vs名探偵コナンの少年探偵対決は、名探偵コナンに軍配が上がりました。


●注目のベスト3は?

<3位:1億7600万部>
ブラックジャック(手塚治虫)

<2位:2億部>
ゴルゴ13(さいとう・たかを)

<1位:3億部>
ONE PIECE(尾田栄一郎)


ブラックジャックとゴルゴ13を抑えて堂々の1位となった『ONE PIECE』、その発行部数は3億部を突破し、超絶的な記録を達成しています。

まだ連載は続いているので、ここから更にどこまで人気が伸びるのか、気になるところですね。




■おわりに

皆さんが読んだことのある作品は、いくつランクインしていましたか?

これからも新しい作品がランクインしていくことでしょう。

楽しみですね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】