AI搭載のミニカー!?ミニカーはここまで進化した!



お気に入り


自動車模型やミニカー、レーシングゲームは世代に依らずいつの時代でも人気のあるジャンルの玩具です。

スーパーカー消しゴムを集めた世代、ミニ四駆を組み立てて友だちと遊んだ世代、コンピュータのレーシングゲームをプレイした世代・・・男の子なら誰にでも、懐かしい思い出があるでしょう。

2013年10月、アメリカのアップルストアで発売され、話題を呼んでいるレーシングカーゲーム『Anki Drive』が注目を集めています。




●AI制御のミニカーを走らせるレーシングゲーム

ankidrive


『Anki Drive』は、コースをプリントしたシートの上でAIを搭載したミニカーを走行させ、順位や生き残りを争うレーシングゲームです。

シート上のコースは特殊なインクで描かれており、ミニカーはセンサーでその情報を読み取り、また周囲の状況や自分以外にコース上のライバルの存在や位置関係を認識しながら、自らコース選択を行い走行することができます。

プレイヤーは携帯端末を利用して、ミニカーのセッティングを行ったり、ゲーム中にスピードの増減や武器の使用を選択することが可能です。

経験値を積んでミニカーをランクアップすることが可能で、ランクに合わせたセッティングパーツや武器を追加装備することもできます。

セッティングの方向性はプレイヤーが任意で決定することができるので、愛車を自分好みの個性に育て上げることも可能です。

『Anki Drive』のプレイに利用できる端末はiPhone・iPad・iPodとなっています。




●新しい車体やコースが追加発売に。



模型自動車を使って遊ぶ臨場感と、コンピュータゲームの戦略性や面白さが融合した『Anki Drive』は、発売直後から米国内で話題となり、あのTIME誌が選ぶ『2013年ベストトイ』にも選出されました。

2014年1月にはミニカーの制御用アプリがアップデートし、それまでサバイバルモードしかなかったプレイスタイルに、新たに走行順位やラップタイムを競うモードが追加。

また、車体に搭載された武器が強化され、相手を一定時間走行不能にしたり、走行を妨害する能力がアップされました。

4月には新たな車体や新規コースが追加発売。

車体にはそれぞれ個性があり、新たに発売になったのは搭載した2つの武器を同時に使用できる「CORAX」と、今まで発売されている車体の中では最高速を誇る「HADION」です。

今後もアップデートやコース・車体の追加発売で、プレイバリューは更に広がりそうな『Anki Drive』。

展開がとても楽しみですね。




■おわりに

残念なことに、今のところ日本国内での販売は未定のようですが、

是非ローカライズして欲しいところですね。

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】