アフリカゾウが怒り狂って人間を威嚇!!・・・あれ、怖くない?



お気に入り


現存する地上最大の動物と言えば・・・皆さんもご存知のゾウですね。

単体であればサイや水牛、ライオンすらも圧倒するというゾウ。

そのゾウがこちらを威嚇してきたら、さぞ恐ろしい迫力のある映像が撮影できる、と思いきや・・・?




●年間で数百名の人間がゾウに殺されている

一般には、哺乳類長鼻目(ゾウ目)に属する草食動物をゾウと呼びます。現存する長鼻目の動物はアフリカゾウ・マルミミゾウ・インドゾウの3種です。

マルミミゾウは元はアフリカゾウの亜種と考えられていましたが、近年の遺伝研究で2つは別の種と判明し、独立しました。

アフリカゾウは身長6メートルから7.5メートル、体重は10tに及ぶ地上最大の動物で、その体力と激しい気性から、現地では危険視される動物の一種です。

インドゾウはアジア圏に生息するアフリカゾウより小型のゾウで、気性もおとなしいため、使役されることも多いですが、怒らせると危険なことには変わりません。

世界中のゾウに関係する事故で年間数百人の死者が出ていると言われています。

日本人の場合、多くの人がゾウと言えば『気は優しくて力持ち』とか『のんびりゆっくり』と言ったイメージを抱いているのではないでしょうか?

現実のゾウは、そんな印象とは大分違う動物であることは確かです。




●鼻を振り回し、威嚇するが……?

ここに紹介するのは、そんな危険な状態で撮影された貴重な映像です。

群れの中の一頭が鼻を振り回し、足踏みをしてカメラに向かって威嚇してきますが・・・

百聞は一見にしかず。
実際の映像をご覧ください。








・・・ハイ、とってもかわいいですね。

どんなに危険と言っても、やはり子どもは子ども、威嚇してくる仕草も愛らしいものです。

周囲の大人のゾウの様子を見ると、特に撮影者を警戒しているようにも見えませんので、あるいは人間慣れした群れなのかもしれませんね。




■おわりに

とは言っても、野生動物が危険なことには変わりありません。

無理にに近づきすぎたり、ちょっかいを出すような真似は決してしないようにしましょう。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】