ワンピースの在処を真剣に考察してみた



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


TVアニメ「ONE PIECE(以下ワンピース)」のタイトルにもなっている「ワンピース(ひとつなぎの秘宝)」が一体どこにあるのか?

・・・というのは、この作品が放送開始されて以来ずっと、みんなが気になっていた事だと思います。

ファンの間でも色々な考察がされ、様々な仮説が立てられています。

そんな「ワンピース」の在処について考察してみました。




■ワンピースの在処は双子岬!?

いくつかの仮説がある中で、最も面白いなと思う場所を今回の有力候補として取り上げてみたいと思います。

その場所とは・・・『双子岬』です。

この仮説について説明するにあたり、まずは「双子岬」とはどのような所かを再確認しましょう。

双子岬とは、「偉大なる航路(グランドライン)」の入り口であるリヴァース・マウンテンのふもとにある岬で、「偉大なる航路」の7つの航路を選択する場所です。

岬には2つの灯台があり、灯台守のクロッカスが居ました。そしてラブーンという傷だらけのクジラも居ました。ラブーンは幼い頃ここで別れた仲間の海賊団が迎えに来てくれるのを待っていました。

そしてルフィ達が魔の三角地帯で出会い仲間に迎え入れたブルックこそが、ラブーンが待っているルンバー海賊団の唯一の生き残りでした。

さて、ではなぜ「ワンピース」が双子岬にあるのか仮説を検証します。




■ラブーンそしてクロッカスと言う伏線

<ラブーンとの約束>
ルフィはラブーンと再会する約束をしています。そしてブルックもまたラブーンと再会する約束をしています。つまり麦わら海賊団はかならず双子岬にもう一度行かなければなりません。

グランドラインの入り口で、「再会の約束」をするというのは、重要な意味が込められているのではないでしょうか?


<クロッカスの存在>
クロッカスは、双子岬で50年以上灯台守をしています。そしてかつて、ロジャー海賊団の船医をしていた事もあります。

ロジャー海賊団は、グランドラインの最終地「ラフテル」に行ったことのある唯一の海賊です。つまりクロッカスは、ワンピースの在処の最有力地である「ラフテル」に行ったことがあるのです。

しかしそもそも、医者であるクロッカスが、なぜグランドラインの入り口で灯台守をしているのでしょうか?

灯台守として「何か」を守っているのではないでしょうか?




■おわりに

以上が「ワンピースの在処は双子岬である」という噂を肯定した場合の検証です。

確信するには、ちょっと証拠が少ないですが、確かに伏線を匂わせるポイントがあるのは間違いないですね。

グランドラインを1周して、ルフィ達が双子岬に来るのはいつの事でしょう?

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】