ウソップはもしかして●●●?ドレスローザ編のウソップを考察したらある仮説が浮かび上がってきた



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


最近、変にウソップの事が気になって仕方ありません。

ウソップとは、ご存知の方も多いと思いますが、TVアニメ「ONE PIECE(以下ワンピース)」のキャラクターのウソップの事です。

なぜウソップが気になるのか?ワンピースの謎について、色々と調べていくうちに、なぜがポツンポツンと、ウソップの名前が浮かび上がる場面が多く感じるのです。




■嘘つきウソップとノーランド

麦わらの一味のムードメーカー。ソゲキングとして、要所要所での活躍をしていますが、それでも他のメンバーに比べれば、最弱ではないかと思われているキャラクターです。

同じような立場にあったナミも、「人魚ではないか?」説が浮上する中で、重要な役割として注目されています。

ではウソップはただのムードメーカーで終わるのか?

実はそこに疑問が出て来たのです。以下の仮説を検証してみましょう。

ファンの皆様の中には薄々気づいている方もいると思いますが、グランドラインに入って、話が進むうちに、少しずつウソップが言っていた「嘘」が実現してきています。

一部紹介します。

「巨大な金魚と戦った時の話だ」
⇒リトルガーデンにて、『島喰い』の怪物金魚

「(巨大金魚を)切り身にして小人の国へ運んだが未だに喰いきれてないらしい」
⇒闘魚の切り身を小人国で食べた

「ケルベロスだ!追い払え!」
⇒スリラーパークにてケルベロスと戦う

などあります。金魚の話は、まだウソップが故郷で嘘つきと呼ばれていた頃に、カヤに話していたホラ話です。ウソップ登場回に出したホラ話を、後から実現させる。これはウソップが何か重要な役割があるという伏線ではないのでしょうか?

また、ドレスローザ編に入って、それが顕著となりました。

再びの「うそつきノーランド」の登場です。ノーランドの話は空島編で出て来た話で、その「うそつき」とウソップがどこかリンクされているように感じていました。

そして「うそつきノーランド」は本当は嘘つきではなかったという事が、空島編の物語の中で判明しました。

ウソップは、本当に「うそつき」です。でも、「嘘」が実現してきています。ノーランドとは立場が違えど、結果として同じになっているというのは、どういう流れでしょうか?

そしてウソップは、トンタッタ王国でノーランドの子孫「モンブラン・ウソランド」と嘘をついています。この嘘の持つ意味は?




■フルネームに隠された真実

ワンピースの主要キャラは、特別な理由がない限り、そのほとんどがフルネームがあります。

麦わらの一味の中で、フルネームの無いキャラは3人。サンジ、ナミ、ウソップです。

その内、サンジとナミは孤児で、自身が物心ついた頃から親が分からなかった為苗字が無いと思われ、またその点については、重要な伏線であることも考えられます。(ナミが人魚かもしれないなど)

それに対して、ウソップは、フルネームで無い事の方がおかしい状況にあります。それは両親が登場しており、出自がハッキリしているのです。

父親は、赤髪海賊団のヤソップであり、母親も死別していますが、回想シーンでバンキーナと言う名前で登場しています。

父親の名前からも分かる通り「ウソップ」は苗字ではなく名前です。ここまで揃っていながら苗字が無いというのは可笑しいとは思いませんか?

一時は「Dの名を持つ者」疑惑もありましたが、ここに来て新たな伏線が出てきました。

それは前述にも書きましたが、ドレスローザ編にて、ノーランドの子孫「モンブラン・ウソランド」と嘘を吐いたという伏線です。




■おわりに

いかがですか?ウソップが気になる理由が分かって頂けたでしょうか?

まさしく「伏兵」ともいうべき、ウソップの謎!

今後の展開に目が離せませんね!

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】