キセキの必殺技は実現できるのか?黒子のバスケの必殺技を検証してみた



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


人気アニメ「黒子のバスケ」は、高校バスケ界を舞台にした大ヒットのバスケアニメです。

バスケ版「テニスの王子様」と一部囁かれるほど、その作品の中では、選手たちのさまざまな「必殺技」が華麗に描かれ、それが人気のヒミツともなっています。

「黒子のバスケ」に登場する人間離れしたすごい必殺技の数々ですが、それは本当にアニメならではのフィクションなのでしょうか?

必殺技について検証したいと思います。




■変則シュートは神業シュート

「黒子のバスケ」に登場するすごい必殺技ですが、現実のバスケでは実現不可能なのでしょうか?


<フォームレスシュート>

フォームレスシュートとは、「無限」のスタイルから放たれる様々な変則シュートのことです。そんなところからボールを打って入るの?と驚くようなプレイスタイルです。

実際のバスケではそんなことってあるのでしょうか?


<バックボード裏からのシュート>

ボードの裏に回りこんで入れるシュートは、NBAではよく観られるシュートのようです。

ただしもちろんスーパープレイと称されるほど、難易度の高いシュートなので誰でも出来るものではないようです。


<フェイダウェイシュート>

上体をそらしながらバランスを崩してもバックボードの上を性格に狙って放たれるシュートで、これもNBAでは時折観られるシュートです。

外す確立も高いので、青峰のように百発百中とはいきませんが、実在するシュートです。


<サーカスショット>

フェイダウェイシュートを含めた予測不可能なシュートのことです。NBAでは毎年驚くような神業シュートが出ています。




■あの長距離3Pシュートも可能?

<火神大我の流星のダンク>

相手のブロックより高く跳んだ状態でシュートを叩き込むダンクシュートの事です。

NBAのドワイト・ハワード、ブレイクグリフィンが実際にやっています。


<木吉鉄平のバイスクロー>

リバウンドのバスケットボール をワンハンドキャッチするという技です。

この技はNBAデモマイケル・ジョーダンやジャベール・マギーやサージ・イバカなど、出来る選手は何人か居ます。


<緑間真太郎の超長距離3Pシュート>

シュート範囲は「コート全て」という緑間の超長距離・超高度を飛ぶ3Pシュートです。

これもNBAのケビン・ラブがエンドラインの後から決めるシュートを放っています。ただし、緑間のように100%の精度ではないため、外す確率のほうが高いですが、不可能ではありません。




■おわりに

調べた範囲ではこのようなものがありますがいかがですか?

やはりバスケット王国アメリカのNBA選手ならば実現可能神業といったところなのでしょうか?でもそれを平気でやってのけるスーパー高校生達とはいったい何者なのでしょうか?

「絶対ありえない」と思わせられる必殺技が、現実でも出来るスーパープレイと分かると、益々その必殺技のすごさを感じさせる「黒子のバスケ」ですね。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】