BLEACHの魅力の1つである『斬魄刀の解号』についての考察してみた



お気に入り


人気アニメ「BLEACH」は「死神」を題材としたバトルアクションアニメです。

主人公の黒崎一護たち「死神」は死覇装(しはくしょう)と呼ばれる黒い着物に斬魄刀(ざんぱくとう)と呼ばれる刀を帯刀しており、そのかっこいい姿に魅せられたファンも多いと思います。

今回はこの斬魄刀について考察したいと思います。




■斬魄刀と解号の関係

普通「死神」というと手に持つ武器は、大鎌ですよね?その大鎌で、人の体から魂を取るのですが、「BLEACH」の死神達が持っている武器は大鎌ではありません。斬魄刀(ざんぱくとう)と呼ばれる刀です。

斬魄刀とは、死神が持つ特殊な刀で、虚を斬り伏せることで、虚となってからの罪を濯ぎ、その魂を元の人間のものへと戻し尸魂界へと送ることができるという能力があります。

持ち主である死神の霊力を具現化したものなので、その形状や能力は全て異なりますが、平素は所持者自身によりその力を封印され、一般的な日本刀の形状で扱われています。

また斬魄刀の所持者の精神世界内には本体と呼ばれる何らかの姿を伴った意思が存在します。

さて普段は普通の刀の姿をしていますが、「始解」と言われる能力の解放で、斬魄刀の本来の姿と能力を発動します。「始解」をするには、解号と呼ばれる特定のキーワード(能力を象徴する命令語+斬魄刀の名前)を言う事で開放されます。

それがどんなものか、一部ご紹介します。

<朽木ルキア>
舞え「袖白雪」

<市丸 ギン>
射殺せ「神鎗」

<藍染 惣右介>
砕けろ「鏡花水月」

<朽木 白哉>
散れ「千本桜」

<阿散井恋次>
咆えろ「蛇尾丸」

<京楽 春水>
花風紊れて花神啼き天風紊れて天魔嗤う「花天狂骨」

<東仙 要>
鳴け「清虫」

<志波 一心>
燃えろ「剡月」

<浦原 喜助>
起きろ「紅姫」
啼け「紅姫」
切り裂け「紅姫」




■必殺技は叫ぶのがかっこいい!

色々ありますね。特に、京楽の解号は長くて噛んじゃいそうです。

このように文字にすると、なんだかピンときませんが、アニメ本編では、それぞれのキャラが、この解号を叫んでいます。やっぱり必殺技の名前を大きな声で叫ぶのは、バトル物の定番ですよね!

さてこの「始解」ですが、斬魄刀本体との「対話」および「同調」が必要なのです。対話とは斬魄刀の本体が存在する世界=死神自身の精神世界の中に赴き、そこにいる本体に話しかける事で、本体との意思疎通に成功して斬魄刀の「名」を知る事が出来れば開放できるようです。

と言う事は、本体と対話をして、その時にキーワードとなる命令語を決めるのでしょうか?

「こう言ったら開放してね」とか話し合うんですかね?それとも斬魄刀の好みで決まるんですかね?

京楽はどのように自分の斬魄刀と話し合って「花風紊れて花神啼き天風紊れて天魔嗤う」という解号を決めたのか、非常に気になります。




■おわりに

貴方がもしも死神になったら、どんな解号にしますか?

その時は、くれぐれも噛まないように注意してくださいね。

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】