実はダメ人間ばかり?平成仮面ライダーの職業を一挙紹介!



お気に入り


2000年から「仮面ライダー クウガ」からスタートした平成仮面ライダーシリーズ。

現在放送中の「仮面ライダー鎧武」まで15作品続いています。

さて、その平成仮面ライダーですが、主人公たちは一体どんな職業に就いていると思いますか?

一気にご紹介してみましょう。




■平成仮面ライダーの職業一覧

<五代 雄介(仮面ライダークウガ)>
冒険家

<津上 翔一(仮面ライダーアギト)>
無職(家事手伝い)→後にレストラン開業

<城戸 真司(仮面ライダー龍騎)>
OREジャーナルの記者見習い

<乾 巧(仮面ライダーファイズ/555)>
クリーニング店でアルバイト

<剣崎 一真(仮面ライダー剣/ブレイド)>
人類基盤史研究所(BOARD)新人職員

<日高 仁志(仮面ライダー響鬼/ヒビキ)>
「猛士」関東支部所属

<天道 総司(仮面ライダーカブト)>
無職、ただあの家と発言からして祖母が資産家っぽい。

<野上 良太郎(仮面ライダー電王)>
ミルクディッパーでアルバイト

<紅 渡(仮面ライダーキバ)>
バイオリン職人

<門矢 士(仮面ライダーディケイド)>
光写真館で働いている。

<左 翔太郎(仮面ライダーW)>
探偵

<火野 映司(仮面ライダーオーズ/OOO)>
クスクシエでアルバイト

<如月 弦太朗(仮面ライダーフォーゼ)>
学生

<操真 晴人(仮面ライダーウィザード)>
無職

<葛葉 紘汰(仮面ライダー鎧武/ガイム)>
アルバイトを辞めたので無職




■職業について考察

いかがでしょう。なんか見事なまでに人としてダメな感じの人が半分くらい含まれています。

どう見ても、保険証をもってなさそうだし、税金とかも払ってそうに無いですよね。

響鬼の日高さんの職業「猛士」もなんだかわからないですね。サラリーマンをしていると平和は守れないという事でしょうか?

敵は親切ではないです。時間を問わず現れます。それを見越して、時間が自由な人達を集めたのでしょうか?そう考えるととてもリアルだなと思います。

平成仮面ライダーは、それまでの仮面ライダー(昭和仮面ライダー)とは少し異色の物語になっています。

当初、平成仮面ライダーはそれまでの仮面ライダーを愛する特撮ファンからバッシングを受けていました。子供向け番組だった仮面ライダーに対し、リアルな内容で物語も複雑な平成仮面ライダーは「邪道」と思われても仕方がなかったかもしれません。

しかし今では受け入れてもらえるようになりました。




時代の変化と共に変わりゆく仮面ライダー、それでも男の子達のヒーローには変わりないのではないでしょうか?

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】