驚愕の名前ばかり?テニスの王子様に出てくる技名を列挙してみた



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


2001年~2005年まで放送され、一大旋風を巻き起こしたスポーツアニメ「テニスの王子様」。

原作は週刊少年ジャンプに連載された同名漫画です。

テニスの天才少年・越前リョーマが、テニスの名門「青春学園中等部」に入学し、全国制覇を目指す物語です。

この作品の魅力は、個性豊かなライバル校のキャラクター達。そして何より、テニスを超えた必殺技のオンパレードでしょう。

技のネーミングセンスもすばらしく、一度聴いたら忘れられないほどの威力があります。

すごいという技名を厳選して紹介したいと思います。




■破滅への輪舞曲

相手のロブに対しスマッシュを打つ。

ボールは相手に命中してラケットを弾き、戻ってきたボールを再度スマッシュで決める2段スマッシュ。

一見普通のテニス技のようですが、この技をかけられた相手は自分の意志に関係なくいい球を相手にトスするようなものです。


■天衣無縫の極み
全身が眩いばかりのオーラに包まれ、爆発的な力を発揮し、打たれた球は審判も目視出来ない程の速さになる

技というか、なんでしょうね?スーパーサイヤ人?


■海賊の角笛(バイキングホーン)

体勢を低くした状態で、逆手で持ったラケットを弧を描くように振り相手の打球を打ち返すカウンター技。

こういうネーミングって本人が考えるのでしょうか?

ちょっと中二病入っている感じがします。




■超ウルトラグレートデリシャス大車輪山嵐

独特なフォームから繰り出される強力なショット。

まあ普通のショットに見えなくもないです。


■千手観音

ダブルスペアが使用するギャグ技で、相手のミスを誘うように仕向ける技

たまにはこういう技があるとホッとしてしまう作品です。


■百腕巨人(ヘカトンケイル)の門番

相手の打球をガットの上を滑らせることで超回転を与え、 更に瞬時に手首を返し、ラケットの裏を使って球を滑らすことで更なる回転を与えてから打球を返す技。

技の内容はともかく、この技名がすごいですよね

どうやって考えるのでしょうか?




なんだかこうして並べるとすごいですよね

なんというか、テニスだという事を忘れてしまいそうになります。

まあ実際に、柱折ったり、人を飛ばしたりしているので、もしかしたら地球の平和を守れるかもしれません。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】