候補者は3人?名探偵コナンの「あの方」とは誰か考察してみた



原作は連載開始から20年、アニメは放送開始から18年という未だに衰える事の無い人気の作品といえばなんだかわかりますか?答えは「名探偵コナン」です。

これだけの長い期間、人気であり続けるなんてすごい事だと思います。

昨年末の最新作劇場版「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」では、ルパン三世とのコラボで大きな話題にもなりました。

物語としてはそろそろクライマックスに近づいているのでは?という超えもチラホラと聞こえ始めていますが、そうなるとコナンがいなくなって工藤新一が戻ってくるという事ですよね。

それはつまり、最大のクライマックスであろうコナンVS黒の組織と言う事になるかと思います。




■「あの方」とは?

さて、その黒の組織・・・ボスである「あの方」が誰であるか、未だに謎となっています。ファンの間ではやはり「あの方の正体」について、幾度も幾度も考察が繰り返されていたと思います。

皆さんが最も怪しいと思っていた人物は「阿笠博士」でした。他にも何人もの「あの方」候補の名前が挙がっていましたが、情報を一度整理してみたいと思います。

その前に、一番人気の阿笠博士は、あの方ではないという事で、ここでリタイアしてもらうことになります。これは作者自身がクラブサンデーの公式インタビューの中で「阿笠博士じゃないよ(笑)」と断言されてしまいました。

じゃあ誰が?という中で、今回は3人に絞り込みたいと思います。

・ジェイムス・ブラック
・工藤優作
・大黒連太郎

この3人について考察したいと思います。



■ジェイムス・ブラック

<理由>
・名前にブラックが入っている
・ホームズの宿敵モリアーティとファーストネームが同じ
・組織の構成員が病院にジェイムズ宛に送ったコロンバイン(白)の花言葉は“あの方が気がかり”

<矛盾点>
・425話「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」で、ジンが「あの方」に連絡を取った時、ブラックはコナンとジョディと一緒に居て連絡が取れない状況だった。


■工藤優作

<理由>
・その推理力は新一を上回る
・組織のデータは組織のパソコンで立ち上げないとコンピューターウイルス“ナイト バロン”が起動する
・妻の有希子が浮気と疑う程行動が謎の時間がある
・灰原哀と対面した事が無い。

<矛盾点>
・偶然の事故とはいえ、実の息子の新一に危害を加えた(APTX4869を飲ませた)ジンを処罰していない
・年齢が若い


■大黒連太郎

<理由>
・名前に黒が入っている
・「そして人魚はいなくなった」で人魚の島に訪れたことのある人物の記録が名簿にあり、そこに大黒の名前がある。
 また同じ名簿に「黒澤仁(ジン)」「魚塚三郎(ウォッカ)」「宮野志保(シェリー、灰原哀)」もあった。
・人魚の島は、「不老長寿」が得られるという話題の場所。黒の組織の極秘プロジェクトは「不老不死」
・「ゲーム会社殺人事件」でバー「カクテル」の場所が大黒ビル
・作者が「ボスの名前は既に出ている、探してみてください」と言ったが、それは「名前しか出ていない人物」である可能性も示唆出来る。
 名前しかないのでアリバイや矛盾が無い



こうして情報を整理すると、3人とも怪しいけれど、一番有力候補なのは「大黒連太郎」のような気がしますね。

皆さんの推理はいかがでしょうか?