「ネコと和解せよ」あのキリスト看板が書き換えられていると話題に



お気に入り


「神と和解しなさい」「神を認めよ」など必ず命令口調で我々を導く謎のキリスト看板ですが、

実際に設置しているのは「聖書配布協力会」という団体で、1952年に設立された宮城県伊具郡丸森町にあるキリスト教系の団体ということだ。

誰しも見たことがある背景が黒で文字が白い非常にインパクトのある看板ですが、何者かが加工して神ではなく「ネコ」になったものがあるといいます。




ネコと和解せよ




聖書配布協力会の活動内容は、小中学校・高校に聖書分冊を無料で配布したり、ご存じのとおりプラカードや看板を立てたりして布教活動を行う。

一見迷惑な行為のようにも見えるがその高圧的な口調や存在感に気味悪がり、犯罪率の低下につながっているのではないかという声もあり、一概に「害」ではなさそうだ。

とはいえ、やはり一方的に押し付けるやり口が気に入らない方もいるようでこのように「神」が「ネコ」にされてしまうというケースもあるようだ。




―画像自体を触っているのか

画像をよく見るとどうやら、直接看板をいじっているというより画像コラージュに近いような形で加工しているようにも見える。

確かに実際にこの看板を直に書き換えるというのは相当な神の冒涜にも当たりそうで恐れ多いのかもしれないので、これぐらいの抵抗にとどまったという可能性も。




―ネットの反応

・唯一のネコ
・このネタ何度となく見てるんだけど、毎回ニヤニヤしてしまう
・ネコと和解せよwwwwww
・なんかエルシャダイはいっとる
・これはネコに関わる宗教団体か何かの看板でしょうか?
・吹いた!
・ネコと和解せよ笑
・めっちゃかわいい
・ネコと和解せよww
・やっぱり、ネコですよね
・ネコ?ww神じゃないのか
・ジワジワ来るわ
・ネコを恐れ敬え

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4632443.html)

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】