ワンピースキャラクター考察(9)~ブルック~



お気に入り


皆さんは、麦わら一味の音楽家・ブルックをご存知ですか?

人気アニメ「ONE PIECE(以下ワンピース)」で、主人公ルフィが率いる麦わら海賊団の一員です。

今回は、ブルックについて考察したいと思います。




―基本データ

年齢:88才(新世界編から90才)
身長:266cm(新世界編では277cm)
性別:男
誕生日:4月3日
出身地:西の海
別名:鼻歌のブルック
懸賞金:3300万ベリー

さて、ご存知の方もいるとは思いますが、ブルックは普通の人間ではありません。

「悪魔の実」の能力者なのですが、そもそも見た目というかその姿自体からすでに「普通の人間」ではないのです。なぜならブルックは「ガイコツ」の姿をしているからです。

彼は「ヨミヨミの実」という悪魔の実の能力者で、その能力は死んで一度だけ生き返るという能力でした。ブルックは38歳の時に一度死に、その後生き返ったのです。

ワンピースには様々な悪魔の実が登場しますが、ブルックの食べた「ヨミヨミの実」はかなり特殊だと思います。そしてブルックの悪魔の実の能力について疑問があります。


―黄泉からの生還

ブルックの居た海賊団は『魔の三角地帯』に入り、そこで他の海賊と交戦し敵の毒に掛かり全滅します。

ブルックもその時に死んだのですが、ヨミヨミの実の能力で生き返りました。しかし魔の三角地帯の深い霧でブルックの魂は迷子になり、自分の肉体を探して彷徨い、1年後に見つけた時はすでに白骨化していた為、今のようなガイコツの姿で生き返ったというのです。




―死ぬ前も復活後も”普通の人間”?

他の悪魔の実と違い、ヨミヨミの実は「死んだら行き返らせる」のが能力ですから食べても特に何も起きません。普通の人間と何も変わらない体のままです。

ブルックは38歳の若さで死んでしまい、その時にヨミヨミの実の能力が発動して生き返ります。それから52年もの間、ガイコツの体で生き返ったまま現在に至ります。

ヨミヨミの実の能力が「死んでも生き返る(1度だけ)」ならば、すでにヨミヨミの実の能力は発動し役目を終えてしまっているという事になります。だとすると現在のブルックはただのカナヅチというだけで、他に何も能力は無くただの普通の人間と言う事になります。

ただし、ブルックの体はガイコツで生身の体ではありません。普通ならば生きていない体です。普通では生きられない体でも生き返る・・・それがヨミヨミの実の能力ならば、現在もその能力は継続中と言う事になります。

そして52年も生き続けており、普通ならば90歳の老人ですがガイコツなので老化しているかどうかは判断できません。でも身体能力はとても老人とは思えません。と言う事は歳を取らないのでしょうか?


―また死ぬことはあるのか?

ブルックはルフィ達に会う前、52年間幽霊船で霧の中を漂流し続けていました。その間飲まず食わずだったようですが生きています。つまりブルックの体は飲食しなくても生きられるのです。

ではブルックがルフィ達に出会わず幽霊船でずっとあのまま漂流し続けていたら、あと何年生きたのでしょうか?

ブルックは幽体離脱をする事が出来ます。幽体離脱している間に体を破壊されたら死ぬのでしょうか?しかしブルックは黄泉の国から戻った時、体をみつけられずに1年間も魂のままで漂流しています。つまりブルックは魂のままでも生き続けられるという事になります。

ここでさらに疑問です。「魂だけ」の状態は果たして「生きている」という事になるのでしょうか?




謎はまったく解決できず、むしろ更に深まる一方です。

ブルックがラブーンと再会するという夢が叶った時、何かが分かるかもしれませんね。

お気に入り


あわせて読みたい