のだめにはモデルがいた?「のだめカンタービレ」の誕生秘話とは?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


ドラマや漫画などでも人気な「のだめカンタービレ」。

実は主人公である野田恵には、実在するモデルがいたのはご存知でしょうか?

一体どんなきっかけで見つけたのか、モデルはあの”のだめ”そっくりなのか、今回は、野田恵のモデルと作品の成り立ちをご紹介します。




■きっかけは一枚の写真

のだめカンタービレは元々、女性漫画誌「Kiss」で連載されていた二ノ宮知子による漫画の作品です。この作品作るきっかけとなったのは、一枚の写真からだと言う話があります。

二ノ宮知子さんが運営しているホームページがあるのですが、そこの掲示板にファンが貼り付けた写真があり、それがなんと散らかった部屋の中でピアノを引いているというあの「のだめカンタービレ」のイメージそのままだったようです。

それがきっかけとなり誕生したのがこの「のだめカンタービレ」だとか。アイディアはいつどこで落ちているのか分からない物ですね。




■野田恵のモデルの名前も野田恵

のだめカンタービレの誕生のきっかけとなった写真に映っていたのは、現役の音大生で野田恵という人だったようです。つまりのだめカンタービレに登場する主人公の名前は、実在の人物の名前をそのまま使用したという事になります。

一枚の写真から得たインスピレーションによって、主人公はだらしの無い女の子、そして話の流れは音楽コメディーという風に決めていったとか。

実在している方の野田恵さんの方はと言うと、大学を卒業した後はピアノの講師をやる事になったそうです。のだめカンタービレを知っている人が生徒にいたとしたら、モデルだという事に直ぐに気付いてしまうかもしれませんね。




のだめカンタービレの漫画の最後には、「Special Thanks 野田恵」と必ず記載されているようです。

確かに元はといえば掲示板に貼られた写真に映る野田恵さんが元となっているのですから、納得出来る一文ですね。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】