あれも嫌い!これも嫌い!宮崎監督の好き嫌いがグッズにまで影響していた?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


映画化された物にはなにかとグッズ化が見られると思います。しかしジブリ映画に限ってはある2種類のグッズはほとんど作られていません。その理由は「宮崎駿監督が嫌いだから」とのこと。

それらは一体何なのか、今回はそう言ったジブリグッズなどに関する事をご紹介していきます。




■携帯電話が嫌い!

宮崎駿監督は携帯電話が嫌いだと言う話は業界の中では有名な事のようです。そんな監督により作られる事のないグッズというのは、ジブリ関係の携帯ストラップです。

携帯ストラップに見える物は売られている事があるようですが、それはあくまでも根付け紐などと言うものであったりして、携帯ストラップとは表記されないようになっています。

宮崎監督が作ったルパン三世カリオストロの城や、ハイジなどには携帯ストラップなどのグッズが登場しているようですが、あれらは「ジブリ」作品では無いので例外とのこと。

携帯電話が嫌いだという理由が、まさかグッズにまで影響しているとは思いませんよね。




■ゲームセンターも嫌い!

宮崎監督は携帯電話だけではなくゲームセンターも嫌いなようで、主にゲームセンターで使われる景品の中にはジブリ作品の物がありません。もしあるとしたら、偽物または商品の転用品なんだとか。

確かに改めて考えてみると、ジブリの作品をゲームセンターで見かけるような事は無いかもしれませんね。言われて初めて意識するところではありますが、ジブリのこだわりというのは映画の中でだけでは無いという事が分かりますね。

作品を作る上でのこだわりは、映画の中を飛び出してでも続き守られていると言う事になるのでしょう。そうしたグッズや景品が欲しい人にとっては、少し残念なお話ですけどね。




作品に対して強いこだわりを持つ宮崎監督は、そのこだわりのお陰で良き作品が生まれているとも言えます。その反面とても頑固な所があり、意思の強さからそれを曲げる事は難しいとのお話も。

ジブリ関係グッズの販売者や仕事の仲間の方々は、結構気を使うところも多いのではないかと考えさせられてしまいますね。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】