ゲームのアニメ化は成功しない?このジンクスを打ち破ったポケモンの人気の秘密を探ってみた



お気に入り


今では育成ゲームやカードゲーム、格闘ゲーム、恋愛シュミレーションゲームなど、様々なゲームがアニメ化していますが、昔はゲームがアニメ化すると流行らないというジンクスがありました。

それ故に「ポケモン」はアニメ化がかなり慎重に行われたとそうです。そして見事このジンクスを打ち破りました。

今回は、ゲームのアニメ化やポケモンに関するお話をご紹介します。




■アニメとゲームの人気は両立しない?

今となってはゲームからアニメ化、アニメからゲーム化と言うのはよく見られる話ですし、それほど人気が衰えるようにも感じられないのかもしれませんが、昔はその人気の差が大きく出てしまっていました。

ゲームだからこそ面白いものがアニメになっても面白いかと言うとそうではない事も多く、またその逆も同じだったのでしょう。

どちらかが爆発的にヒットしたはものの、アニメ化、またはゲーム化しても全く売れずに人気が出なかったり・・・というのは、業界の中でよくある話だったようです。だからこそ、アニメとゲームの人気は両立しないと言われていました。

今よりも昔はその点で、アニメからゲームになったり、ゲームからアニメになったりという製作はかなり慎重に行われていたそうです。




■ジンクスを破ったポケモン

ポケモンといえば元々はゲームで有名なものでもあると思いますが、その反面アニメ化も長く続いていて、そして何より毎年のように映画が上映されているほどの人気作品です。ゲームからアニメ化となったのに、そこまで人気を得られたのには何か秘密があるのでしょうか?

その一つに、ポケモンをアニメ化する上で慎重に設定などを選び抜いたからではないかという説があります。

今では、主人公であるサトシの相棒はピカチュウで定着していますが、最初は凄く悩んで決めたことだとか。パートナーによってその先のストーリーがどうなるのかという事も変化していきますからね。

そういった小さなところから慎重に選んだ結果が、成功へと繋がったのではないでしょうか。




サトシたちの仲間となるポケモンの属性にでんきポケモンはあまり見られないように感じられます。それはやはりピカチュウがでんきポケモンだからなのでしょうか?

最初に選べるポケモン三匹というのも、みず、ほのお、くさとなっているので、そうそう被る事はありません。ストーリーを進めて行っても属性があまり被らないというのも、アニメの面白さに繋がったのかもしれませんね。

お気に入り


あわせて読みたい