全キャラの元ネタ発覚!「けいおん!」のベースとなった日本を代表するバンドとは?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


アニメ「けいおん!」は可愛らしい女学生が主人公となった軽音楽部のお話ですが、実はそのけいおん!には苗字、そして担当楽器の元ネタとなるモデルがいるそうです。

そのモデルとなった人々とは一体誰なのか。そして被せてあるのは苗字と担当楽器だけなのか。

今回はそう言った繋がりをご紹介します。




■元ネタとなったモデルのバンド

けいおん!に登場するキャラクターの苗字、そして担当楽器と言うのは、テクノバンドである「P-MODEL」の歴代メンバーが元となっていると言う噂があります。

登場する主なキャラクターの名前は平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬、中野梓、三浦茜となっていますが、その元ネタとなったメンバーの名前とは、平沢進、秋山勝彦、田井中貞利、ことぶき光、中野照夫、三浦俊一となっているそうです。

「ことぶき」が「琴吹」になっていたりと言う多少の違いはありますが、その他はそのままの苗字が当てられているのが分かりますね。そして担当楽器も、元ネタとなった方々からそのまま当てはめたようです。




■性格は元ネタになっていない?

名前や担当楽器までもが元ネタとなっていたとしたら、性格も元ネタに繋がっているのではないかと思ったりもしますが、あまりそのような接点は無いようです。

例えば平沢唯の名前の元となった平沢進の場合は、自他共に認める「分かり難くて不親切で憎たらしい」性格をした音楽家だそうです。

日本を代表する電子音楽の作家でありながら、高い表現力を持つボーカリスト、でもそこには癖のある性格が・・・その性格までもアニメと似ている訳では無いようですね。

作品には元ネタとが存在したりもすると思うのですが、それは何も全てをモデルとしたわけでは無く、作者によっていくつか手が加えられ元ネタとは違うキャラクター作りをされている事も基本らしいです。

だからこうした違いが見られるのも、珍しくは無いのかもしれませんね。




元ネタと呼ばれるものは様々なところに落ちていて、昔の登場人物や現役の有名人、はたまた空想の中のものであっても誰もが知るファンタジーな生き物や世界など。そう言ったネタを元として生まれる話は少なくないそうです。

けいおん!もまさかこうした元ネタが存在するとは思いませんでしたが、案外繋がりを持つネタは存在するようですね。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】