大人の事情により放送中止!アニメ「学校の怪談」の未放送作品とその理由とは?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


学校の怪談はホラーアニメとしてよく知られていると思いますが、そのアニメでは放送されなかったお話があるそうです。

予告だけで放送されなかったその話は何だったのか、どうして放送が出来なかったのか?

今回は、その未放送の作品についてご紹介します。




■未放送になったのは「口裂け女」のお話

次回予告はしたものの、結局は放送されなくなってしまった話は「口裂け女」でした。タイトルは「あたしきれい?口裂け女」だったとか。

予告までやってしまった手前ではあれど、放送出来なくなった為に急遽「特別編 霊民の恐怖」という、第一話と第二話の総集編が放送されることになりました。

封印作品というものは、放送してからトラブルが発生しその後はDVDなどに収録されないなどとして何かと隠されていくようにはなるのですが、まさか放送すらされない作品が出るとはビックリですね。




■未放送の理由とは?

何故口裂け女の話が放送されなかったのかと言うと、正確には放送が「出来なかった」のです。口唇口蓋裂の障害者団体の方々から抗議を受けたらしく、それにより放送が出来なくなる事にまで繋がったとか。

結局このお話は予告編のみで放送されることが無く、詳細・シナリオ共に世間の目には触れる事が無くなり明かされてはいません。当然DVDなどに収録されることも無かったために、珍しい例ではありますが、公開する前から封印作品となってしまったとか。

理由があったとは言えど、完全に製作した後の話になりますから、製作者側からしたら非常に残念なことですよね。




アニメは特に子供の目に触れる物ですから、内容によっては講義されることもしばしば見られるようです。自由にテレビが見られるようになった反面、その辺りでの問題は絶える事が無いのでしょうね。

表現の自由はあるものの、製作者側はこれらに十分注意を払っていかなければならないと言う事になりますし、難しいお話ですね。

面白い作品が、”大人の事情”によりつまらなくなっていかないことを願いたいですね。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】