ドラえもんはサラリーマンの初任給で買える?ドラえもんの面白い裏話を5つ書いてみた



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


「ドラえもん」は、未来型ロボットが登場するも未来っぽい感じがせず、主人公もいじめられっ子の設定で映画などでも大人気です。

PCや携帯電話で「どらえもん」を変換すると、ちゃんと「ドラえもん」って出て来るところも凄いですね。

それだけ認知されているドラえもんにも、知られていそうで知らない裏話があります。

今回はそんなドラえもんの裏話をご紹介しますね。




■のび太は作者そのものだった

いじめられっ子ののび太君ですが、実は作者の藤子氏も昔いじめられていたそうです。

藤子氏も「ドラえもんの、のび太は私そのもの」と言っていて、小さい頃は勉強も運動も全く出来なかった事を語っています。


■秘密道具の値段は?

ドラえもんと言えば、数々の秘密道具でピンチを切り抜けたり、ジャイアンに仕返しするのに役立っています。

実は1986年に、その秘密道具の値段が載った図鑑が発売されていたんです。その図鑑「ドラえもん道具カタログ」によれば、ドラえもんの値段は20万円。タケコプターは1万5千円、どこでもドアは64万円とのこと。

ドラえもんよりもどこでもドアの方が高いことには驚きですね。


■スネ夫には弟がいた

のび太をいじめるも、何かがあれば頼ってくる金持ちのスネ夫ですが、実は弟がいたんです。

作者も途中で存在を忘れていたそうで、のちに、子供が居ない金持ちの叔父さんの養子に行った設定に変更されたそうです。




■ドラえもんはどら焼き以外にも好きな食べ物がある

どら焼きが大好きなドラえもん。しかし、他に好きな食べ物があったことが判明しました。

ロボットなのに食べ物を食べるのも意外なんですが、スイカとモチも大好きなんです。お話の中で「こんなに美味しいものをはじめて食べた!」「スイカ大好き!!」と言っているシーンもあるんですよ。


■ドラえもんの秘密道具の数は?

ドラえもんの秘密道具はほとんどがレンタルだそうです。意外に金額が高いので手が出ないのでしょうか。

以前、NHKの児童向けの番組でファンの子供から秘密道具の数について質問がありました。その際は、ドラえもんの身長である129.3cmから1293個と解答していました。

2006年には、ドラえもん番組枠のミニコーナー「ドラビア・クイズ」にて、これまでテレビに登場したひみつ道具の数は2332個だと発表されたそうです。

2014年の現在はもっともっと増えているんでしょうね。




子供たちに夢と希望を与えるドラえもんですが、こうして見ると大人でも楽しめる内容です。

これからも面白い道具をたくさん登場させて欲しいですね。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】