学校の「テスト」で出たあまりに怖すぎる「カブトムシ」のイラストが話題に



お気に入り


小学校の理科などの授業でカブトムシがどれかなどの選択問題を経験したことはあるだろうか。

しかし最近の選択肢の発想はズバぬけているとネットでも話題となっている。

もはや「笑い」を取っているとしか思えないような内容となっているのだが、果たしてどのようなカブトムシが登場しているのだろうか。早速その斬新な選択肢をご覧いただきたい。




新種のカブトムシ


なんとカブトムシが節足動物のように、足が何本もあるようなものや、体から馬の足の様なものが生えたものまで、馬だけに「UMA(未確認生物)」状態である。

むしろこちらの2種のカブトムシがこの世にいるのであれば見てみたいものだが、出題者の発想で作り出された「空想動物」でしかない。

とはいえムカデの様な足をはやしたり、馬の足をつけるという発想は非常に優れている。




―何のテスト?

ではこのテストはどのようなテストなのだろうか。おそらく学校の「理科」のテストで、カブトムシをしっかり見分けることができるかというテストではないかと思われる。

「バカにしている」という声も多くイラストを描きたかっただけではないかと思われても仕方がない問題だ。




―ネットの反応

・本物のカブトムシを見たことがない子どもたちに向けたテストなのね.
・これはいくらなんでも!
・昔、美術の先生のバイトしてた時、ニワトリに4本足を描いたり、魚に足を付ける子供がいた
・難問だ…
・問題を作った人に会いたいね
・怖い怖い怖いっ
・脚の数でこうも印象が変わるとは
・このイラスト描く仕事、楽しそうだなーwww
・脚が多いだけでこんなに気持ち悪いとは
・こういうのは下手な心霊写真やグロ画像より精神にくるので
・ヘタな怪奇漫画より怖い
・ここはふつークワガタとかカナブンとか並べるとこでしょ
・これは何のテスト
・どんな顔して問題作ったんだろ。
・なんか笑えない。子供達が馬鹿にされてる気がする
・これはありえないでしょ。作った人の気持ちも理解できないですね。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4612566.html)

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】