ポーネグリフの役割って?ひとつながりの秘宝と関係あるの?



お気に入り


人気アニメ「ONE PIECE(以下ワンピース)」は、主人公ルフィが海賊王になる夢を叶えるため大海原に旅立った冒険活劇です。

伝説の海賊ゴールド・ロジャーの残したワンピース(ひとつながりの秘宝)を求める旅。

その物語は次第にたくさんの謎を作り、たくさんの伏線を張り、どんどん複雑な様相を見せてきています。

そもそも「ワンピース」が一体何か?というのは、未だに解けていない謎です。

その謎を解く鍵ではないかと思われる物がいくつか存在し、その1つに「歴史の本文(ポーネグリフ)」があります。

ポーネグリフとは一体何か?今回はその事について考察したいと思います。




―ポーネグリフとは

ポーネグリフとは、世界中に点在する大きな石碑の事です。

これはただの石ではなく、爆破しても何をしても傷一つ付ける事の出来ないとても頑丈なもので出来ており、そこに「古代文字」で何かが刻まれています。

「歴史の本文(ポーネグリフ)」と呼ばれているのは、その石碑に描かれている事が、この世界で消された”空白の100年の真実”に関係あると思われるからです。

800年前に世界政府によって滅ぼされた巨大な王国が、その消された歴史を未来に残すために作られたものだと思われます。


―ポーネグリフの種類と意味

ポーネグリフには2種類ある事が分かっています。「情報を持つ石」と「そのありかを示す石」。

ニコ・ロビンはポーネグリフの研究をしながら「真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)」を探していました。

その結果分かった事。

「世界中に点在する情報を持ついくつかの歴史の本文は、それを繋げて読むことではじめて空白の歴史を埋める1つの文章になる。繋げて完成する今まだ存在しないテキスト、それが真の歴史の本文」

そして「空島」にあったゴールド・ロジャーのメッセージ。

「我ここに至り この文を最果てへと導く」

「真の歴史の本文(リオ・ポーネグリフ)」は、情報を持つ石のテキストをラフテル(最果て)へ届けて完成させるものではないかとなります。




―ラフテル

ラフテルとは、この作品の割と最初の方から出ている名前です。

「グランドラインの最終地点であり歴史上にもその島を確認できたのは海賊王の一団だけだ。伝説の島なのだ」

グランドラインに入ったばかりの時に、クロッカスという人物がルフィ達にそう語りました。

グランドラインの最終地点にあるという場所、そしてまだゴールド・ロジャーしか辿り着いていない場所、空島でロジャーの残したメッセージの「最果て」とはラフテルの事ではないでしょうか?

処刑される時にゴールド・ロジャーが残した言葉「この世の全てをそこに置いてきた」という場所とはラフテルの事であるなら、ワンピースもそこにあるという事で、更にもしかすると「ワンピース=リオ・ポーネグリフ」という事になるかもしれません。


―現在見つかっているポーネグリフ

作中に登場したポーネグリフとその内容は以下の通りです。

<アラバスタ>
古代兵器プルトンについて

<スカイピア>
古代兵器ポセイドンについて

<魚人島>
ジョイボーイの謝罪文

<オハラ>
政府がおそれる思想が記載?

<回想編(所在不明)>
内容不明




今後どのような場所でどのような形でポーネグリフが出て来るか分かりませんが、ワンピースの秘密を握るカギである事は間違いないと言えるでしょう。

そしてポーネグリフを読み解くことが出来る唯一の人物、ニコ・ロビンが麦わらの一味の仲間である以上、ルフィがもっともワンピースに近いと言っても良いのではないでしょうか?

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】