宮崎駿監督の最高傑作と呼ばれている、たった7分のPV「On Your Mark」って知ってる?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


宮崎駿監督が唯一手掛けたPVです。

劇場公開は、「耳をすませば」の前座として1995年に公開されました。

わずか7分という短い作品ですが、批評家の間では一番宮崎監督らしさが出ていると評価する人もいるそうです。




■「もののけ姫」の息抜きに作った

当時、宮崎監督は「もののけ姫」の構想に着手していたそうですが、行き詰ってスランプを抱えていたそうです。

そんな時にこのPVの依頼が来て、もののけよりもこちらの方に情熱を傾けました。

後年、鈴木敏夫プロデューサーは「これは宮崎監督の息抜きだった」と証言しています。


■偶然の一致

本作が公開された当時、世間ではオウム真理教が引き起こした一連の事件がマスコミに盛んに取り上げられていました。

この作品では邪悪なカルト教団が登場します。ちょうど松本サリン事件や地下鉄サリン事件が発生した直後に公開されたので、関連性を随分と追及されたそうです。

しかし絵コンテ自体は、松本サリン事件の2か月前に描きあがっていたので偶然の一致だそうです。

むしろ、もう少し公開が遅れていたらお蔵入りになっていたかも知れません。


■舞台は放射能が溢れた世界

この作品には、原子力のマークや防護服の人々、危険表示の標識など色々と意味深なものが描かれています。

宮崎監督によれば、これは放射能に溢れたチェルノブイリのような世界観だと雑誌で明言しています。

奇しくも、この世界観は東日本大震災での原発事故で現実のものとなります。




■風の谷のナウシカとの類似点

本作の都市伝説として、「風の谷のナウシカ」の数千年後の世界(あるいは数千年前の世界)であるとする説があります。ですが、これは宮崎監督が言及していないので真実ではありません。

しかし宮崎監督は、雑誌の取材に対して、ナウシカの一節を流用してこの作品の結末を締めくくっています。

ナウシカの漫画版が完結したのは前年の1994年でしたので、作品の世界観や設定などにナウシカで宮崎監督が用いた思想感が反映されているのは、ある意味で仕方ないかもしれませんね。

■本作が評価される理由

所謂、アニメオタクからこの作品は宮崎監督の最高傑作だと評価する声が少なくありません。

その理由をネットユーザーたちは、台詞がないため宮崎監督特有の説教臭さがなく、ダイナミックなアニメ描写のみで構成されているからだと指摘してます。

元々アニメーター畑の人物だった宮崎監督にとっては、台詞を作らなくても良い分非常に心地よかった制作環境だったのかもしれません。




本作品の単品は、現在販売中止となって正規品は買えませんので、中古店で探し出すしかないようです。

しかしPV自体は、ジブリコレクションとして短編集の中に収録されています。

興味があるなら、一見するのも良いかもしれませんね。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】