プリキュアシリーズの全プリキュアを一挙紹介!見えてきた法則とは?



お気に入り


大人気アニメ「プリキュアシリーズ」は、東映アニメーションの女児向けアニメとして2004年から現在に至るまで続いている長寿シリーズです。

対象は3才~8才までの女子を中心に、幼児から小学生中学生までの女子向け作品となっています。

皆さんも、どれか1度は見た事のある作品がシリーズの中にあるのではないでしょうか?

「プリキュア」という言葉の由来は、「プリティー(Pretty=可愛い)」と「キュア(Cure=癒す)」を合わせた造語で、女の子らしさを表しています。

プリキュアとされる者たちは、変身した後「キュア」で始まる名前で呼ばれます。

それでは、全10タイトルのプリキュア達を一挙に紹介したいと思います。




<ふたりはプリキュア>
<ふたりはプリキュア Max Heart>


・キュアブラック
・キュアホワイト
・シャイニールミナス


<ふたりはプリキュア Splash Star>

・キュアブライト
・キュアウィンディ


<Yes!プリキュア5>
<Yes!プリキュア5GoGo!>


・キュアドリーム
・キュアルージュ
・キュアレモネード
・キュアミント
・キュアアクア
・ミルキィローズ


<フレッシュプリキュア!>

・キュアピーチ
・キュアベリー
・キュアパイン
・キュアパッション


<ハートキャッチプリキュア!>

・キュアブロッサム
・キュアマリン
・キュアサンシャイン
・キュアムーンライト


<スイートプリキュア♪>

・キュアメロディ
・キュアリズム
・キュアビート
・キュアミューズ


<スマイルプリキュア!>

・キュアハッピー
・キュアサニー
・キュアピース
・キュアマーチ
・キュアビューティ


<ドキドキ!プリキュア>

・キュアハート
・キュアダイヤモンド
・キュアロゼッタ
・キュアソード




こうしてみると、それぞれの作品のテーマにそって、プリキュア達の名前が決められているのが分かります。

初代プリキュアは、イメージカラーが「白と黒」という女児向けにはめずらしいカラーリングでしたが、

アンケートの結果女児が好む色は、ピンクや黄色などであったりしたため、「ふたりはプリキュア Splash Star 」以降女の子が好む色を意識したカラーリングが使われるようになりました。

シリーズ全編通して、「ピンク」がほぼリーダー色となっています。

また衣装もそれぞれの作品ごとに、イメージに添って工夫されています。

女の子が好きなリボンやレース、アクセサリーなどをふんだんに使い、普通ならば戦うには邪魔のように見える装飾も、女の子たちの夢と憧れを壊さないように工夫されています。




来年10周年を迎えるプリキュアですが、次はどんなプリキュアに出会えるのか楽しみですね。

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】