アニメ「キングダム」で見える!春秋戦国時代のスケールの大きさとは?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


TVアニメ「キングダム」を知っていますか?

中国の春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる秦王・政の活躍を描いた伝奇的な物語です。

春秋戦国時代とは、中国史での紀元前770年から紀元前221年までの約500年あまりの大戦争時代の事を言います。

春秋戦国時代は、始皇帝が天下統一を成し遂げ「秦」という国を作る事で終わりを告げます。

ですから「キングダム」の世界は、春秋戦国時代の末期ということになります。




―「春秋戦国時代」の頃の他の国は?

世界の他の国は、この頃どうだったでしょうか?

紀元前563年に、お釈迦様ことシッダールタ(ブッダ)が生まれています。紀元前356年にマケドニアでアレキサンダー大王が即位しました。

この頃の日本はどうだったかというと「縄文時代」から「弥生時代」に変わった頃でした。そんな時代の物語です。

つまりこの頃に、国、文明として成立していたのは、中国とローマぐらいしかなかったのです。

正確に言うと、他にもマケドニアやギリシャ、インドなどにも国はあったのですが、文明を持った大きな国家をもっていたのは、中国とローマでした。




―キングダムの時代背景

「キングダム」では、常に日々戦争ばかりで、毎週放送されるのも戦いの日々ばかりです。

前述にもあるように、この時代は「大戦争時代」と言われるくらい、中国全土が戦場でした。その為、戦場から逃げ出した農民達が多く日本へ渡来してきたと言われています。

その時に日本に色々な技術などが伝わったと言われています。

この時代の中国では、戦争のおかげもあって、鉄器の生産が盛んになり、武器や鎧も進化していました。

それと同時に農具も鉄製の物が一般に普及するようになり、鉄製の鍬などだけではなく、牛に引かせる鋤なども発明されました。

そのような技術が日本にも伝わったのではないでしょうか?

「キングダム」のアニメでも、キャラクター達は立派な鎧で身を固め、強そうな大剣を振るっています。それだけではなく大きな弩(いしゆみ)などの破壊力の大きな武器なども出てきています。

戦争によって発展した文化と言うのは、中国だけではなく、エジプトやローマなどでも見られます。今から2500年も前にそのようなものがあったというのは驚きですね。


―40万の軍隊と日本の人口

「キングダム」でも度々見られますが、武将の率いる部隊も歩兵を合わせて何千、何万という大部隊での戦いになっています。

天下統一を成し遂げた秦国の政(始皇帝)は、最終的に40万もの軍隊を率いたそうです。

ところでこのころの世界の人口はどれくらいかご存知ですか?なんと全世界で2億人弱しかいなかったそうです。

それなのに40万人の軍隊なんて、すごいと思いませんか?

ちなみに縄文時代から弥生時代に変わったばかりの頃の日本の人口はどれくらいだったかご存知ですか?

50~60万人くらいだそうです。

秦国の軍隊とあまり変わらないですね。そしてこの頃の日本人の平均寿命は15才だそうです。




「キングダム」は史実を元にしたアクション巨編…戦記です。

主人公の信や政たちは実在の人物です。

その時代の事、世界の事、色々と調べて歴史を知って、改めてアニメ「キングダム」を見ると、面白さが倍増すると思います。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】